FC2ブログ

戦国野郎

2018年05月15日、20時40分49秒
月曜日の夕飯。


2018年05月15日、20時40分50秒
近所のセブンでこんな光景が。
なんかいいよね♪


2018年05月15日、20時40分52秒
火曜日のあさはん。


2018年05月15日、20時40分51秒
火曜日の夕飯。


2018年05月18日、21時07分54秒
水曜日のあさはん。

2018年05月18日、21時07分52秒
水曜日の夕飯。

2018年05月18日、21時07分58秒
木曜日、西城秀樹逝去という事でカレーだそうです。
ご冥福をお祈りします。


2018年05月18日、21時07分56秒
MacBookProのキーボードカバー文ちゃんに破られました。。゛(ノ><)ノ ヒィ

2018年05月18日、21時08分00秒
本日のあさはん。

2018年05月18日、21時07分55秒
本日の夕飯。




さて、自分にとってなじみ深い女優であった星由里子さんがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りします。

若大将シリーズや東宝特撮映画シリーズに花を添えてくれた女優さんでした。
最後にゴジラ映画に出演したのは、2000年に公開された「ゴジラ×メガギラス」でしたね。
久々にゴジラ映画に帰って来たのはとても嬉しかったです。


81G0sv.jpg

そして、彼女が出演した映画で一番好きなのは、岡本喜八監督の「戦国野郎」!!!
メチャクチャ面白い映画です。
傑作時代劇!!!
この映画の星由里子はいい♪ツンデレが超可愛いんですよ。

説明するのが面倒なので12年前に書いたレビューを再掲載(笑)
手抜き(笑)


1963年東宝株式会社作品。

戦国時代のお話ですね。越智吉丹(おち きったん:加山雄三)と言う忍者が、主君である武田信玄の冷酷さに失望して城を出た。武田随一の忍者・雀の三郎左(すずめのさぶろうざ:中丸忠雄)率いる忍者軍団が裏切り者・越智吉丹を追う。その中の一人、銅子播磨(どうこ はりま:中谷一郎)は、吉丹の腕を惜しむと同時に、何となく気が合い二人で放浪旅を続ける事になる。

そんな二人に、ワケのわからん田舎武士(佐藤允)が、馬借隊の有吉党に身を隠す事を勧める。
お頭・有吉宗介(ありよし むねすけ:田崎潤)と、その娘・さぎり(星百合子)が率いる馬借隊とは、米や塩を運ぶ事を請け負い、生業としていた。

さぎりは、吉丹を「バッタ」、播磨を「ハリネズミ」とあだ名し、有吉党の一員として迎えた。
さぎりは、吉丹にほのかな恋心を抱いていた。

その、馬借隊に、例の田舎武士が、当時の最新武器であった種子島(火縄銃)300挺を堺から織田領内まで運んで欲しいと頼んできた。

この、ワケのわからない武士は後の豊臣秀吉・木下藤吉郎だった!!
この危険が伴う運搬に、播磨と吉丹も同行する。それを追う雀の三郎左!!

その、鉄砲300挺を巡り、村上水軍も動き出す!!!しかし、その裏には、藤吉郎の巧妙な仕掛けがあった!果たして有吉党は鉄砲300挺を織田領内まで無事に届ける事が出来るのか!!吉丹とさぎりの結末は!!!

岡本喜八監督の映画大好きです!!!この監督のテンポの良さには、カタルシスを感じます。
岡本監督は西部劇が大好きで、この戦国時代を舞台にした映画も、見事に西部劇風にしてます(笑)
血湧き肉躍る大冒険活劇!!!話しがポンポン進んで、飽きる暇がないほどです♪
登場人物もみんな素敵です。特に、佐藤允演じる木下藤吉郎は良いですねぇ~。つかみどころのない、ワケのからん男をユーモアたっぷりに演じてます。そして、その陽気さの陰に潜む冷酷さ…ゾクゾク来ちゃいますよ!!!現在まで沢山の役者が木下藤吉郎(豊臣秀吉)を演じたけど、自分的にはこの映画で佐藤允が演じた藤吉郎が一番好きですね。

この映画に出てくる馬借隊という存在は、後にある映画にかなりの影響を与えているんですが、わかりますか?
それは、「もののけ姫」!!この映画に出てくる「タタラ者」と言う製鉄業を生業とした人々を描く時、宮崎監督は、「戦国野郎」で描かれた馬借隊を参考にしたそうです。

反骨精神旺盛な岡本監督は、「ただのパターンにはまった時代劇なんか作らねぇ!」と画面から訴えているかの様な、斬新な時代劇でしたね。宮崎駿が「もののけ姫」を作るにあたって、良くテレビや映画で描かれる戦国時代を舞台にはしたくなかったと発言していましたがその思いが、この映画から来てたりするかも(笑)この映画は戦国時代が舞台なのですが、映像では殆ど描かれたことのない馬借隊と言う集団を主人公にするする事で、ありきたりな時代劇からの脱却を図っています。

星百合子がマジで美しく勇ましい(笑)その中に見せる女性としての弱さがまたいいね♪
そして、ぢごくを演じた天本英世!!台詞は最後の「お嬢!!」(星百合子に対して叫ぶ)のみなんだけど、印象的でしたね。無口で弓の名手!!岡本監督の映画には必ず出演している俳優さん!大好きです。

忍者を主人公にしているにもかかわらず、忍術映画ではなく、敵中突破活劇にしているなんて、さすが岡本監督だよ!!ある意味同じ系統の、黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」よりも完成度高いかもね。超おすすめ映画♪



あらためてご冥福をお祈りします。数々の素敵な映画をありがとうございます♪安らかにお眠りください。

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply