IXTL

20180416195914IMG_1377.png


帰宅する途中の車内で、奥さんから悲報が( ̄□ ̄;)!!


2018-04-16 19-43-40
今日の夕飯。


2018-04-16 19-44-04

とんかつから、ハム玉に変更(笑)


2018-04-16 19-44-09
明日葉の天ぷら美味しかったです♪



丁度、奥さんからの悲報が届いたときに聴いていた曲(笑)
この音楽好きなんですよねぇ、
この音楽が流れるシーンも大好きで♪



前にも紹介しましたが、98式イングラム(パトレイバー)とアメリカ陸軍の戦術ロボットIXTL(イクストル)との戦闘シーン。

結構シリアスなシーンなんですが、いつも作戦を臨機応変でぶち壊す太田さんが良い味出してて(笑)
「あいつ自体(IXTL)の頭は太田並でも、後ろで操作しているのは人間だからな。」
って遊馬の台詞がツボで(爆)
いいなぁ~こういう緊迫したシーンで笑いを入れるセンス。


5fb7e23014.jpg

太田功さん(笑)

第二小隊二号機フォワード(操縦担当)。階級は巡査。岩手県釜石市出身。
よく言えば生真面目で正義感の強い熱血漢、裏を返せば、直情径行で猪突猛進なだけの熱血馬鹿。
規律重視で融通が利かない性格ゆえに、自分よりも階級や実力が上の相手にはわりと素直に従う一方、同僚隊員(特に遊馬)と衝突することが多いが、危機には勇んで駆けつけようとする仲間思いな心根にはブレがない。漫画版の初期では、特車2課の隊員の中で唯一「正規の教育を受けた警察官」であるという自負からか、いわゆる「予備校出身の即席警官」である他の隊員を、少々見下しているようなフシがあった。
また、野明に対しては女性ゆえか比較的甘めな扱いで、照れつつ一言アドバイスをするシャイな面も見せたる。
レイバーの操縦技術にも性格が反映され、精密な動作より力任せに突撃する主義。野明とは対照的で、即断などの思い切りはいいが、戦術的柔軟性に不足する点がある。
無闇にリボルバーカノン(レイバー用の拳銃)を撃ちたがり、バックアップの命令を無視して暴走することもしばしばで、機体の破損も絶えない
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply