文麿

IMG_9043.jpg
今日の朝粥は、ナメコ粥。


IMG_9046.jpg
なんかハードな日々でした。明日は久々の休み。
ゆっくりしたいような、それじゃもったいないような(笑)

IMG_9047.jpg
テルマエ・ロマエの原作者のお母さんからお菓子が送られてきました。
奥さんはお母さんからヴァイオリンを習っていていたそうで。
ありがとうございます。


IMG_9049.jpg
今日の夕飯。ごちそうさまでした!

人間臨終図巻〈1〉 (徳間文庫)人間臨終図巻〈1〉 (徳間文庫)
(2001/03)
山田 風太郎

商品詳細を見る


今日仕事帰りにNHKラジオを聴いていたら、人間臨終図鑑の話をしていた。
前にこのブログでも紹介しましたが、この本大好きで。
そしたら、人間臨終図鑑の続編が始まったと言うことで驚喜しました!!

人は自らの晩年をどのように生きるか。そして、どのように死を迎えるか?
この難問に今取り組んでいるのが、作家の関川夏央さんです。
池波正太郎、オードリー・ヘップバーン、栃錦、尾崎豊など、古今東西の人々の「死に方」を
改めて見つめる『人間晩年図巻』を、今年5月からインターネットで連載しています。
一つとして同じものはない人の「晩年」の生き様は、勇気と諦念だけでなく、生の複雑なあり方を教えてくれます。
かつて作家の山田風太郎は、『人間臨終図巻』(86-87)でシーザーから夏目雅子まで
古今東西900人を超える人々の「死に方」を、ユーモアと無常感とともに記録しました。

『人間晩年図巻』は、この『人間臨終図巻』を現代に引き継ぐ試みです。
2001年に亡くなった山田風太郎に敬意を込めながら、関川さんは、新たな「図巻」に挑みます。
死んでいった人々の「人生」からは、過ぎ去った「時代」が多様な「歴史」として照らし出されていきます。
作家の関川夏央さんにとともに、『人間晩年図巻』に描かれた「人生」を見つめ、現代社会で「老い」を生きる手がかりを考えます。




ここで読めますよ♪

書籍化されたら買います。
成田三樹夫の死に様が…大好きな俳優で、その演じた役とは全然違う人柄だったんですねぇ。
彼は早く逝きすぎました…。

c0640026611950768496
彼が演じた烏丸少将文麿は、最高でした!!
おじゃる、おじゃると言ってナヨナヨしたキャラかと思えばメチャクチャ強い公家(笑)
あー柳生一族の陰謀観たい!!うちDVDないんだよなぁ。




関係ないけど、乾杯戦士アフターⅤが好きです(笑)

悪の組織撲滅のために結成された、警察、自衛隊に次ぐ第3の組織である「黄金戦士トレジャーV」。しかし、最近では悪が少なくなってしまい活躍の場が減り、いつしか戦いの後の飲み会ばかりがメインになり、「乾杯戦士アフターV」と呼ばれるようになってしまう。
本作では、5人の飲み会(打ち上げ)の様子だけが取り上げられ、通常の戦隊シリーズにあるような戦闘シーンなどは、オープニングや回想などを除けば登場せず、飲み会のシーンが殆どというものである。また、「高校の進路相談で紹介されてヒーローに就職」「備品課に転属」「今日は非番だったがパトロールした」等、特撮らしからぬ世俗的な描写も数多い。こうした内容の戦隊ヒーロードラマは史上初である[1]。撮影も戦闘シーンがないため、採石場などは登場せず、NIJYU-MARU(居酒屋)やカラオケの鉄人で撮影が行われている。


演出が細川徹なんだよね(笑)
悪の総帥役の 斉木しげるツボです(爆)

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply