chikan.jpg


とうとう!とうとう…漫画「痴漢男」が本日お昼頃に完結いたしました(T^T)クゥー あああああああ、毎日の楽しみが終わってしまいました(´;ω;`)ウッ…
(漫画「痴漢男」はココで見られます)
爽やかな笑いと涙とエロをありがとう!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
最終回をPCで読んでたんですよ。TVではキムタク主演の「グッドラック」が流れてたのですが、丁度、痴漢男の雪が降るシーンで山下達郎の「RIDE ON TIME」がTVから流れてきて妙に絵と合ってしまい目頭が熱くなってしまいました(爆)

ホント良かったね痴漢…。関西…可愛いし。
つーか、大晦日になにやってるんだろうね自分。でも多分去年の大晦日も「ツルモク独身寮」読んで笑っていた様な気がするんだけど(笑)

映画版「痴漢男」あんまし評判よくないけど、見てみたいな。




と言うことで(どういう事だよ!)2006年12月31日の我が家全景(見えねえじゃん!!)
IMG_0202.jpg


今年最後の昼食、年越し鍋焼きうろん。

IMG_0201.jpg


今年最後の夕食、年越しエビ…じゃない年越し蕎麦(笑)

IMG_0203.jpg



んじゃ、また来年。良いお年を♪

おまけ!(笑)

スポンサーサイト
IMG_0200.jpg




北野武監督の作品の中で一番好きな映画!「キッズリターン」
もの凄く好きです。
つーか、日本映画に殆どコメントしない故・淀川長治氏がこの映画を大絶賛していたのがもの凄く印象的でした。
淀川氏が日本映画を褒め称える姿初めて見たような気がします。

彼は、毎年キネマ旬報ベストテンで、洋画しかベストテンを付けないのですが、それには理由があって、10本挙げるほど良い邦画がないって事だったんですね。
邦画が嫌いとかじゃなく、邦画が好きで邦画で沢山の良い作品が出て欲しいと心から願っていた人でした。
その人が諸手を挙げて褒め称えたこの映画…ホント良い映画です。

この映画を観た後輩が「五十六さんってこの映画に出てくるモロ師岡になんか、キャラ被ってますよね?」と言われ、余りにも的を得た一言に何も言えなかったです(爆)
どういうキャラか??見て下さい(笑)
決して良いキャラじゃなく主人公に魔の手を偲び寄せる嫌なヤツなんですよ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ でも、ホント自分と被るキャラで…何も言い返せません(T^T)クゥー

「俺たちもう終わっちゃったのかな?」
「バカヤロー!!まだ、始まっちゃいねぇよ!」

コレ30代後半の人間でも言っていいですか???(爆)
■2003/12/14 (日) さだむ君身柄拘束

まさか生きて拘束されるとは思わなかった。
生きて生きて生き抜いて、アメリカと戦おうと
したのか?ただ命が欲しかったのか?
かつて、日本が連合国に降伏した時、拘束を快し
とせず、自決した政府、軍部高官達…どちらが
責任の取り方として立派なのか?

生きて辱めを受けるのも勇気。死ぬのも勇気…。
彼がこれからどうなるのか気になる。


サッダーム・フセインが身柄拘束された日の自分の日記です。
今日、処刑されたんですね。
なんか、もうアメリカの正義って言うのにはうんざりですね。
人道に対する罪ね…だったらアメリカの一番エライ人だって相当な罪があるよね。独裁者に同情はしないけど、独裁者の辿る結末ってみんな哀れですね。

安倍晋三首相(52)の昭恵夫人(44)が開設したブログ「安倍昭恵のスマイルトーク」が、ネット上で批判の嵐にさらされている。失態続きで支持率低下が止まらない安倍首相の人気回復をにらんだ広報戦略の一環だが、掲示板「2ちゃんねる」では「援護射撃のつもりなんだろうが、いくら何でも調子に乗りすぎ」などの厳しい意見が多く、首相人気を後押しできるかは微妙な情勢だ。

 ブログ開設は25日に明らかになり、昭恵夫人は「私の日ごろ感じている率直な思いを ご理解いただければ」と記している。クリスマスの同日には、歌手アグネス・チャンのホームパーティーに招かれた様子を、豪華な料理の写真とともに紹介。イブの24日には、公邸で昼食におかゆを食べたことを首相の食事風景とともに掲載した。

 しかし、開設直後から掲示板には「勝ち組セレブブルジョア日記丸出し」「今日の飯にありつけず寒くて暖を取れない連中もいっぱいいる」など、昭恵夫人が書いた日記の 内容を批判する書き込みが続いた。夫人をサポートするため新設された「総理公邸 連絡調整官」が、公費が投入されている経緯もあってか、ブログも「税金を使っている のでは」と指摘されている。

 昭恵夫人は「アッキー」の愛称で親しまれメディアへの露出も多いが、夫人を前面に出した広報戦略は「官邸内でも賛否両論がある」(官邸関係者)のが現実。ブロガーは 「正直、夫婦そろって空気読めなすぎ」「このブログ、後々旦那の首絞めそう」としており、
逆効果となる恐れがありそうだ。


確かに空気読んでないよねこの人。マスコミにファーストレディーと持ち上げられ有頂天になってしまったのか?
内助の功って言うのをはき違えてる。旦那の支持率が低いのは、この嫁にも原因があると思う。煽るマスコミも悪いんだけどね。
ファーストレディーじゃなくて、タダの成り上がりセレブとしか見えないもんね。

年の瀬ですが、ココは平常運転です(笑)世俗に流されない男の美学ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 

朝ご飯も平常運転(笑)
IMG_0196.jpg


IMG_0198.jpg


IMG_0197.jpg

一応、普段掃除しないAV(アダルトビデオじゃないよ!オーディオビジュアル!!)機器のケーブルとかの掃除をしました。
模様替えもしようかな?とか思ったんですけど。コースケと真央が居るから集中して出来ないので断念。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

今年1年、doorさんを初めとするネット仲間の方々からもらった手紙やカードはコルクボードにありがたく貼らせてもらってますからね♪
自分にとっての神棚です♪
よく100の質問ってあるじゃないですか?「映画好きに100の質問」って言うのに以前HPをやっていた時答えて公開していた事があるのですが、最後の設問は「あなたにとって映画とは?」でした。

自分はこう答えました「現実逃避」(笑)言い方悪いけど、映画とはそう言うモノですよね。現実から非現実の世界に浸る2時間前後の夢の中。 そして、映画館のあの暗闇の大スクリーンで観るのが映画であって、観たいモノは劇場で観るのが自分的には鉄則。地方で上映されないものとか、時間的折り合いがつかない時は仕方ないけど、観たいモノは映画館に極力足を運ぶ。

ちょっと待てばDVDが出るとかテレビでどうせそのうち放送するだろう?なんて選択肢は存在しない。自宅で観る映画にワクワク感はない。

封切り日を待つワクワク感、上映までの待ち時間の間の期待感、上映前の予告編を観ながらいよいよこれから観るんだ!と言う高揚感、コレ自宅じゃ無理(笑) 日本の映画人口最盛期は11億人。つまり日本人が1年に単純計算で1人、11回映画館に足を運んでいた。それが90年代は1億1千万台にまで落ち込み、今は1億7千万台に復活してきた。

それは劇場整備が進んでいる事も一因。お洒落なシネコンがウジャウジャ現れ、色々なサービスデイも設けられた。快適な劇場、座り心地の良い椅子、見やすいスタジアム形式の客席。このシネコンと呼ばれる劇場の発展が映画人口の増加に貢献したのは確実。

でもね、場末の映画館の良さ、古い映画館の魅力っていうのもあったんだよ。シネコン快適だけど、汚い劇場、座り心地の悪い椅子、見づらい座席配置(笑) でも、それが映画館の魅力と言うか、現実から非現実へと逃避するトワイライトゾーンの入り口だった。つーか、映画館ってそう言うモノだったんだよね。

上映時間は決まっていても、客の入り具合で上映時間変えてくれたり、もぎりの叔母ちゃんと顔見知りになるとちょっとサービスしてくれたり(笑)入れ替え制じゃないので、朝映画館に入って夜まで同じ映画見返したり(笑)叔母ちゃんが「あら、嫌だ!アンタ何回観てたのよ!」と驚かれたり(爆)

快適さを人が求めると、人情が失われる。自分の住む街には5つの戦前、戦後から続いた映画館がありました。そこで映画を胸をときめかせ観て育ったと言っても過言じゃありません。2006年現在、全て閉館し、駐車場や空き地になってます…郊外には巨大シネコンが沢山あります… そんな自分の心の隙間を埋めてくれるのがコレ。

20061230115032.jpg





何度観ても泣けるんだよねコレ。最後の「キス」のつぎはぎフィルム…もう泣けて泣けて。貧しかったけど、心が豊かだった人たち、映画が一番輝いていた時期を描いた傑作だよね。なんか、書いてるだけで胸が熱くなってきてしまう(笑)

映写技師アルフレードを演じたフィリップ・ノワレも今年の11月にお亡くなりになってしまいました。
seisui.jpg


色々整理してたんですけど、CD-ROMから以前開設していたホムペのトップページが出てきました(笑)
しばし懐かしさに浸ってました。でも、もうホムペやる気は全くないです(爆)あんな面倒な事したくないゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


つーか、コレ凄かったよね!!似てた似てた(爆)素晴らしい!!!
確かにアレはデスノートだね…違った意味で(笑)

watashiwo.jpg



1987年フジテレビ・東宝作品

この映画が、WOWOWで初放映されたとき、その解説で、この映画がハリウッドのシナリオ作成マニュアルに則って作られた映画である事を知って感動した(笑)ハリウッドのシナリオマニュアルとは、ハリウッド映画を製作するにあたってどんなジャンルの映画でも一定時間でのお約束事が用意されており、この法則に則ってシナリオが書かれ、映画になる鉄則である。つまり、シナリオ1ページを1分とハリウッドでは計算する。 100ページのシナリオならば1時間40分の映画になる。(当たり前だが)その1時間40分の時間の割り振りが、決まっている事なのである。つまり100分の上映時間を3分割する。

最初から30分を「状況設定」

30分から70分目を「葛藤」

70分目から最後までを「解決」

と位置づけ、その要所要所にお約束を用意しておくのである。

①最初の10分で登場人物を紹介しなければならない。  (矢野と優がスキー場ではじめて出会うのが11分目)

②30分目に一つの山場を設けなくてはならない。  (会社でユウに偶然再会するのが33分目) 

③50分目に最初のクライマックスを用意する。  (新年に矢野と優の心が通じ合い交際がスタートするのが51分目) 

④90分目にクライマックスに向けてのピークが無ければいけない  (優が万座に向けてツアーコースを滑り出すシーンが90分目) 

と言う具合。殆どのハリウッド映画は上映時間に長短はあるが、この法則でシナリオが作られているのだ。 そして、「私をスキーに連れてって」はピッタリとその法則に則り作られているのである!時間を見ながらこの映画を見れば一目瞭然♪ コレが映画初監督の馬場康夫は、タダ者じゃない!!!!

この映画が封切られた時、自分は高校2年生。前橋文映で観ました。同時上映は「竹取物語」だった(笑)単純な映画なんですよね。ぶっちゃけて言えば(笑)でも、あのクライマックスのシーンのカタルシスは今観ても変わらないし、心から楽しめるんですよね。

ほんと内容は、ありきたりな内容で、単純なのになんでこんなにも見る者をその世界に引き込むのだろうか?フジテレビのトレンディードラマの延長線上にある映画にもかかわらず、未だに色あせない魅力ってどこから出ているのか? 当時、トレンディードラマと言えば、おしゃれな生活、おしゃれな職業、おしゃれな恋が定番(笑)この映画も、そのエッセンスを受け継ぎながらも、主人公たちの恋は等身大!地味な恋(笑)それが、当時主流だったトレンディードラマとは一線違うのです。

恋よりもスキーを選んでしまう主人公と、不満はあるもののそれに従う彼女。主人公二人はトレンディーとはかけ離れ、いたって古風(笑) しかし、それを補うほどの強烈な取り巻き連中たち(笑)布施博・沖田浩之・高橋ひとみ・原田貴和子(爆)

このバランスが心地良い♪ この連中はトレンディーの固まり(爆)古風と時代の最先端の融合(大げさ?)がこの映画の成功だと思う。 馬場監督は、東宝の若大将シリーズの熱狂的ファンなのは有名な話しですが、これ現代版若大将を狙ったんですよね。青大将(田中邦衛)が出ているのも感激モノ(笑)スポーツは万能だけど、恋にはぶっきらぼう…もろ若大将じゃん♪

あの原田貴和子の「女26、色々あるわ」の台詞に当時、学生だった自分は、オトナの世界を垣間見たのですが、実際自分が26歳になっても、色々ないんだよぉ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ いま、既に30も後編に…( ̄□ ̄;)!!未だに色々ない。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

この映画は、自分にとって永遠に手の届かないオトナの世界なのかなぁ(笑)とにかく、この映画は日本映画に一石を投じたのは確実だよね!しかし、これで慢心したのか?馬場監督は次の映画で暴走してしまった… その映画は、この映画にあったカタルシスも感動もない本当に意味のない空疎なトレンディー映画となり果てていた…「彼女が水着に着替えたら」 馬場監督がスランプを脱するには10年の歳月が必要だった…「メッセンジャー」は傑作だと思う♪

来年公開される馬場監督の新作「バブルでGO!」期待してます♪

「私をスキーに連れてって」の最大のクライマックスシーンはココで見られます♪自分なら救助を要請するけどゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

友達(♀)でこのシーンのセリカ爆走に憧れてた危ないヤツがいました(笑)
IMG_0195.jpg

朝起きると横で気持ちよさそうに寝ているラル。
本当に気持ちよさそうで見ているこっちも二度寝したくなる(笑)

恐らくそんなラルを見つめる自分の眼差しは、阿部寛がケンちゃんを見つめる時の目と同じだと思う(爆)

kencyan.jpg


でもねホントいびきがうるさいんだよねラル。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
でも、たまに母親と寝ていて自分の所に来ないと寂しいんだよね(笑)

「今日は来ねえのか!あの裏切りバカ猫!!」とか酔っぱらってブツブツ言ってるんだよね。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

今日はね!もう自分の布団で寝てますラル!(´▽`)はぁぁ・・♪(爆)
IMG_0193.jpg


jigokumon.jpg

「地獄門」1953年(昭和28年)大映株式会社作品

原作は「真珠婦人」の菊池寛です。いやぁ~一言で感想を言えば、カラー映像の美しさにうっとりしてしまいます。
豪華絢爛な王朝絵巻と言えます。まあ、内容は至ってシンプルで、平康の乱で偶然知り合った男と女。
男は女に一目惚れ、時の権力者・平清盛に「女を嫁に欲しい!」と訴えた。しかし、女には既に夫がいた。しかも、仲むつまじいオシドリ夫婦!!
しかし、どーしても諦めきれない男は、女の叔母を人質にし、女を脅迫する。
「夫を殺せ!」と…そして女は悲しい決意をする!!

あらすじはこんな感じなのですね。まあ、平安ストーカー物語と言えるでしょうか(笑)いつの時代にも恋に我を忘れて暴走する人はいるんですねぇ(当たり前か)
武士らしくすっぱりと諦めて、相手の幸せを祈るのも男の甲斐性なんでしょうが、好きな相手をどんな手段を使っても奪うのも男の甲斐性ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
でもね、ラブラブ夫婦に割って入ろうとするのは無謀だよね。
武士でも、こんなに恋いこがれる事ってあったんですねぇ。そりゃ人間ですからねぇ。映画やドラマの時代劇で、これほど武士が恋に狂う物語もないかもねぇ。
独身男の横恋慕…行き着く所までいかなきゃ目が覚めない。
よく事件で別れ話のもつれで殺してしまったなんて事件あるけどさ、なんかその気持ち分からないでもない。かわいさ余って憎さ百倍とはよく言ったもんですよ。

この映画の主人公・盛遠は、我が儘なガキ。感情の赴くままに行動する。
もう一方の主人公・渡辺渡は思慮深く物静かな男。決して感情を表に出さない。この両極端な男たちの対比が面白いです。
そして、どんな事をしようが、固い絆で結ばれた愛は崩れない。

くどいようですが、本当にカラー映像が美しい映画です。(写真はモノクロだけど)何てったってこの映画アメリカアカデミー賞で「最優秀外国語映画賞」を受賞しているくらいです。
totoro.jpg

コースケの記事ばかり今年は綴ってきましたが、真央(現・5才)だって可愛いんですよ(笑)口が達者で小生意気ですが。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
叔父ちゃんは、真央が生まれた瞬間に、このトトロセット買ってしまったくらいだから(笑)

この間、絵を描いたんですが、好きな人の絵を描いたらしいんですよ。
絵にはお父さん、お母さん、コースケ、お爺ちゃん、お婆ちゃんが居ました…叔父ちゃんが居ない(爆)

一目見て自分が居ないことに気づいたのですが、それはみんなスルーしたんですよ。ですが!!!!!大慌てしたのが妹の旦那(つまり父親)
「お、お、お、お、叔父ちゃんが居ないよ真央????」
「叔父ちゃん忘れた!!」と真央。

自分は、知らん顔。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

スルーすりゃ良いのに墓穴掘る妹の旦那…。
もの凄い気まずい空気が流れてる(笑)
そんな我が家には滅多に妹の旦那は来ません(爆)
お互い疲れるんだよね。来たくない気持ちも分かるし♪ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

普通、嫁のオヤジとしっくり行かないとかあるけど、嫁の兄貴としっくり行かないって言うのも珍しいよね(笑)
来年は、しっくり行きたいと思います!!(ほんとかよ!!)

本当は仲良くしたいんだよね(笑)でもどうもきっかけがつかめず今年も終わる(爆)こんな状態が6年。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
IMG_0192.jpg

午前1時、もの凄い稲妻。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
何度もココで書いてるけど、自分は雷が大嫌いです(笑)しかも、年の瀬のこの時期に雷なんて今まで生きてきて初めての経験。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
布団被ってドキドキしてました。自分はラジオを掛けっぱなしで寝るのですが、午前2時のニュース&天気で雷雲は日光に移動したと聴いて安心して寝ました(笑)
確実に地球の環境は狂ってる!!
今部屋の温度は20度…狂ってる。


昨日も書きましたが、関東地方で「結婚できない男」再放送してるんですよ(くどい?)自分、見たり観なかったりで飛び石で見ていたので、1話から録画してちゃんと見ているのですが、いやぁ~本当にいいねぇ~このドラマ(爆)
「おっ、金田更新してるぞ!」が大好き(爆)
建築家・金田裕之のホームページはココゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

阿部ちゃん帽子のセンス悪すぎ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
一番シンパシーを感じてしまったのがココ↓
kekkon1.jpg

冷蔵庫の中身(爆)同じもを並べラベルは正面を向かせる…自分に似てる。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ もの凄い親しみがわくゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
掃除もやりだしたら徹底的にするし(笑)
見えない部分も綺麗にする!コレは鉄則なんですよね。「見える部分を綺麗にするのはバカでも出来る。見えない部分まで綺麗にするのがプロだ!」と教えられてきたので(なんのプロだよ!!)
屁理屈こねるのも自分に似てる。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ 

また今日も「結婚できない男」の話ですみません。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
IMG_0191.jpg


今日の深夜「あっぷるしーど」放映するんだね。(関東ローカル)
公開されてから2年8ヶ月経過してるんだけど、続編はどうなったのでしょうか??
この映画の主人公のアクションシーンを担当した女優さん知り合いで、彼女に聞いたら続編あるらしいと言っていたんですけどね…。


関東地方で「結婚できない男」再放送してるのですが、このドラマの主人公・阿部寛の言動がなーんとなく自分と似てて気持ち悪いんです(爆)

桑野信介:阿部寛
主人公。1966年7月4日生まれ(第1話で40歳の誕生日を迎える)、独身。有能な建築家であり、人並み以上に年収もあり、一見女性には好かれそうだが、実は超偏屈男であり滅多に妥協しない性格であるため、いまだに結婚できずにいる。この性格のため、顧客や知人とトラブルを起こしてしまうことも少なくない。ただし意外と小心者で、自分より押しが強い人が相手だと負けてしまう。また、「どうしても」と頼まれると断れない性格で、ときに優しい一面を見せることがある。
自称「結婚しない男」であり、結婚は「百害あって一利なし」という持論を自分に言い聞かせて、独り身の寂しさを紛らわせているところもある。他人との行動は面倒だとして避け、単独で行動することが多い。食事やショッピングも1人きりで、一人焼肉や自宅での一人手巻寿司も厭わないが、週末には、妹夫婦の家で食事することもある。隣人みちるの飼う犬と心が通う。
料理・家事等は自ら完璧にこなす。キッチンを中心としたデザイン設計がポリシーであり、キッチンが汚れているのが我慢ならない。物の置き方には、かなり細かく徹底している。「空気が淀む」から、と自分の家に他人を入れようとしない。服選びのセンスがなく、花柄が嫌い。仕事柄、細かい作業が得意。
趣味は、指揮者になりきってのクラシック音楽鑑賞、B級映画のレンタルDVD鑑賞、帆船などの模型作り、1人プレイの人生ゲームなど。女性に興味がないわけでないが、アダルトビデオを借りたくても、人目が気になってレンタル出来ない。また若い女性とのデートで有頂天になるシーンも見られた。


今はやらないのですが、音楽聴きながらよく指揮してた事あるんですよ(〃∇〃) てれっ☆ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 
妹に見られて「バカじゃない!」と言われてから止めましたが。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ そっか…40までに結婚すれば良いんだゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

IMG_0190.jpg


明石家サンタ(笑)随分商品紹介が短くなったよね(爆)あれだけで30分以上掛けてた事もあったけど、今回10分少々で終わった。
それにしてもいきなり最初から車当てちゃって。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

若槻千夏は精神的に相当参ってるよね…オイラが抱きしめてやりたいゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 商品当たっても「それユニセフに寄付してください」なんて…相当な精神状態だね。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
森口博子は今年も電話掛けてくるし(笑)

結婚式当日に嫁が違う男に走ってしまった人…本当にそんな事あるんだね。
避妊したのに7番目の子供が出来てしまった「やれば出来る女」のお母さん面白かったです(爆)

それにしても、不幸話披露して面白ければ合格で、商品もらえるシステムが崩壊してたよね(笑)

東貴博は、キャバクラ嬢とイヴを過ごしてたし…それはそれで良いじゃん(爆)でも彼女がハプニングバーの常連って嫌だよね。別れるよねそりゃさ。

あー明石家サンタが終わるともう今年は終わったも同然です自分的には…なんも生き甲斐がないゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


IMG_0177.jpg

昨日、高橋克実の常夜鍋作ってみました。
鍋に白菜を敷き、その上に豚肉を載せ、またその上に白菜を敷いて、それを繰り返し、塩胡椒を少々。超弱火で煮る。
水は一切入れずに白菜から出てくる水分だけで煮込む。

いやーコレ結構美味しかったです。驚きました(笑)
塩胡椒は本当に少々で十分です。

白菜って凄い水分含んでるんだなぁと改めて感じでしまいました。理科の実験感覚(笑)
IMG_0189.jpg

まだチキンが残ってます。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
買いすぎだよ…。

今日は四次元押し入れの掃除(笑)
四次元押し入れから出てきたモノの紹介。
pia.jpg

1985年12月13日発行の「ぴあ」(笑)
こういう年代物がゴロゴロ入ってるので四次元押し入れと言われてます。1985年…自分、受験生でしたが、ぴあなんか買って読んでるんだから勉強全然してなかったし、会場模試も午後のテストさぼって映画見に行ってましたから(爆)薬師丸ひろ子主演の「野蛮人のように」…同時上映は「ビーバップ・ハイスクール」(笑)

自分の子供がこんな事してたら殴るねゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


1985年12月の「ぴあ」の広告…。
tomoyo.jpg

知代ちゃん(笑)時代はカセットテープ全盛だったのだよ!この1年後あたりからCDなるモノが普及しはじめました。
Wリバースのカセットテープレコーダーって憧れだった(笑)


yukisaito.jpg

由貴ちゃん(爆)だから時代はカセットテープ全盛だったのだよ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

TIME FOR BRUNCH聴きながら四次元押し入れの掃除してました。

さあ、本日のメインイベント!!「明石家サンタ」♪もうすぐです!!
んじゃ、また明日(爆)
毎年やってるので今年もやります(笑)
cap015.jpg

今日は伊武です。

夢の中で「残酷な天使のテーゼ」を熱唱してました自分。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
何故?唄った事もないのに(笑)
ビデオデッキの中に「エヴァ」のビデオが入っていたので、恐らく酔った自分が、イヴの夜はエヴァを見ようと思ったらしい(笑)
1話の10分くらいの所でビデオ止まってた(爆)

ウチの裏はお寺なんですよ。朝は和尚の読経と木魚の音が流れてきます♪うーん、聞き慣れてると良いもんですよ(笑)和なイヴ。





妹が400円で変なドレス買ってきて真央とコースケに着せてます(爆)コースケ相当気に入ってるみたいで脱ぎません。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ 「いくよくるよ」みたいです(笑)

今日の予定、功名が辻見て、doorさんと一緒に明石家サンタ見る(爆)


最初は老けすぎだと思っていた舘ひろしの織田信長ちゃん。見慣れてくるとその狂気的な演技が素晴らしかったです(笑)
これだけ冷酷な信長も珍しいと言うか、コレが信長と言うべきか。
本当に明智光秀が哀れで、謀反を起こしたくなるよね(笑)

まさしく「第六天魔王」、「king of zipang」らしい信長でした。
でもドラマ自体の出来は…100点満点で40点くらいかな。
役者が演技でやるべき事、または映像で表現しなければならない事をナレーションで全て済ましている部分が多すぎた。
またナレーションが下手と言うか、言葉に抑揚を付けて、一人歩きしていて浮いていた(笑)駄目だねあのナレーション。
今日は叔父の葬儀でした。叔父と言っても祖母の弟の事ですが。
小学校の教諭で、「学校の先生」と呼んでました(笑)自分に世界の偉人全集とか辞書とかよくくれました。祖母とは15才近く年が離れていたので、まだ若い年代だと思うのですが、まあ、運命ですからね。




IMG_0188.jpg

従妹がケンタッキー買ってきてくれました(笑)1ピース喰えばもういいやってなるけど(笑)年だね。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
なんか、フライドチキン喰いながらビール飲んでテレビ見てると、フライドグリーントマトのキャシー・ベイツの旦那になった気分(爆)

妹はDSを旦那からクリスマスプレゼントでもらったらしい。お料理ナビ付きで。
自分が「そりゃ、まともな料理作れって事じゃん!」って言ったらもの凄い顔して睨んだ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当です。
今日のテーマは、「つい口ずさんじゃう歌」です。

毎日流しているお気に入りの音楽。
ヘビーローテーションのしすぎで、音楽を聴いていないときでも
自転車で疾走中や、お掃除中など、頭の中にひとりでに音楽が流れ込んできて
何気なく歌ってしまうことがあります。
鼻歌だったり普通に歌ってたりと、色々なんですが。

今日のテーマでは、そ...
第180回「つい口ずさんじゃう歌」


コレ!
口ずさまないけど、結構鼻歌で唄ってる事ある。
この歌聴くと高校2年の頃を思い出します(笑)詳しくは語らない。自分の中の思い出だから。

つーか、GyaOで「ターミネーター」見ました♪
やっぱ一番最初のターミネーターが最高さね!
でもね、モザイク処理してない。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
最初のシュワちゃん登場シーンで、アソコが一瞬映ってます(爆)
朝から変なもん見ちゃった。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
ビートたけしのお笑いウルトラクイズが正月に復活するそうですが、春一番は出るのでしょうか??(笑)
つーか、この番組しか春一番見る機会が無かったのも事実。
昨年、生死の境をさまよう大病を患ったと聞きましたが、是非、この番組で復活して欲しいです。



自分とdoorさんの旦那さんの思ひ出の曲です!(凄く紛らわしい書き方ですみません)二人はこの歌で共感しあったんですよ(笑)
名曲だよ!!コレは本当に名曲!!!
大阪大学の菊池誠教授は18日のNHKの「視点・論点」に出演し、「ニセ科学」と言われている「マイナスイオン」「ゲルマニウム」「ゲーム脳」「水からの伝言」などについて、「科学的根拠はない」「お守り程度の効果」「親のしつけの問題」「水はただの物質」などと批判した。

さらに菊池教授は、「科学的誠実さゆえに曖昧さがある科学よりも、白黒をつけると断言するエセ科学のほうが、科学らしいと信じる人がいる。しかし、世界は単純ではない。単純な二分法は思考停止だ。科学本来の合理的思考を大事にするべきだ」などと述べ、二分法的思考で、結論だけを求める風潮が社会に蔓延しつつあることに疑問を呈した。(要約)
 動画はココ

この教授の意見にもの凄く共感する。しつけ、道徳に科学を入れて補完しちゃう風潮っておかしいと思う。
そして、全てに於いて白黒ハッキリさせようとする心理もどうかと思う。
全てをエセ科学的根拠に依存して「そうなんだ」と納得する、納得させようとするのは??

科学的で無いモノを信じないって言う人居るけど、そう言う人ほどエセ科学に踊ってたり(笑)
「ご飯を残すと目が潰れる」と良く言われました。明らかに非科学的ですよね。でもコレに科学的な検証を持ち込む事なのか?
コレはあくまで、モノを大切に食べなさいと言うしつけですよね。
しつけに科学を当てはめる???
「悪いことをすれば罰が当たる」も科学的根拠どころか「悪いヤツほどよく眠る」だよね世の中(爆)でも、そういう自制心とか罪悪感を教えるのは教育ではなく親のしつけや道徳なんだよね。
TVの健康番組で「この食品がいい!」とか紹介されると翌日スーパーでその食品がバカ売れする現象も…なんだかなぁ。


伝説の「八木さん好きです!」「どこが?」「別に…」の一番最初の動画(笑)
1994年12月31日でしたよねコレ?なんでそう言う事だけ記憶してる??( ゚д゚)ハッ!サバン症候群か??
自分の担当した子もサバン症候群ぽい子がいました。

この時は、クリスマスじゃなくて大晦日に「明石家福禄寿」で放送したんです(笑)だから八木さんは弁天さんの格好してます。
12年前から行動パターンが変わらない自分。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
しばらく朝ご飯の写真アップしてなかったので載せておきます。

IMG_0178.jpg


IMG_0180.jpg


IMG_0182.jpg



日曜日の昼は、みかねえさんがくれたスガキヤのピリ辛ラーメン作って食べました。
妹に見つからない様に隠してたんですよね(笑)
妹もスガキヤ大好きなので見つかったら絶対喰われてしまうので、第三冷蔵庫(ウチには何故か3台冷蔵庫がある)の奥にしまってあったんです(笑)
doorさんがくれた高山ラーメン半分喰われちゃったあの悲劇を繰り返さない!!(爆)

IMG_0179.jpg


ついでに昨日の酒の肴は、横浜名物、崎陽軒のシュウマイ♪
IMG_0181.jpg

朝起きたら1個食い残してありました…食べ終わる前に寝ちゃったみたいです…赤ん坊か??あーーーーもったいない!!と口に入れたら固かったです(爆)

青島幸男逝去で驚いていたら岸田今日子まで逝ってしまいました。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

なんか今公開されている「犬神家の一族」に何故、岸田今日子がキャスティングされなかったのか不思議だったんですけど、体調崩してたんだね。

彼女の映画と言えば真っ先に思い出すのがこの傑作映画。
sunanoonna.jpg

「砂の女」1964年東宝作品

主人公(岡田英二)は砂漠に新種のハンミョウを採集しに向かうが、砂漠の中の村で寡婦(岸田今日子)が住む家に滞在するように勧められる。村の家は一軒一軒砂丘に掘られた蟻地獄の巣にも似た穴の底にあり、はしごでのみ地上と出入りできる。一夜明けるとはしごが村人によって取り外され、主人公は女とともに穴の下に閉じ込められ奇妙な同居を始める。村の家々は常に砂を穴の外に運び出さない限り砂に埋もれてしまうため人手を欲していた。村の内部では村長が支配する社会主義に似た制度が採られている。主人公は砂を掻きだす作業をしながらさまざまな方法で抵抗を試みるが、結局女と関係し彼女が妊娠するころには村を脱出する気力を完全に失う。

安部公房原作の映画化ですが、凄い映画ですお勧めしますよコレ。
なんて言うんだろう??もの凄い不条理な映画なんですよね。
村社会の怖さとか感じますよ。

旅人が村の歯車の一つとして強制的に迎え入れられ、逃げ道がない状況に追い込まれる。脱出を試みるが砂の中で逃げられない。
怖いような可笑しいような不思議な映画です。

神隠しってこういう事を言うんじゃないのかな?
人が忽然と消えてしまう事を神隠しと言いますが、村内の人間が全て口裏を合わせれば、人一人消えてしまうのは簡単な事なんですよね。
怖い怖い。

自由な旅行をしていた男がアリ地獄に落ち、その極限状況の中で、生き甲斐を見いだしてしまう流れが、凄く自然に描かれてます。
面白い映画です!!

homo.jpg

つーか、岸田今日子…保毛尾田保毛男のお姉様役が大好きでした♪
追悼映画で「この子の七つのお祝いに」放映してくれるテレビ局ないかな??頼む!!テレビ東京(爆)
「この子の七つのお祝いに」の岸田今日子は強烈な怖さがありました!!!以前記事にしてますが一応リンクしておきますねココです。

岸田森が死んだ時って自分が小学生の時だったんだけど、ショックでしたね。凄く良い俳優さんだった…。そして岸田今日子も逝きました…。ご冥福をお祈りします。凄く好きな女優さんでした。


青島幸男は、゚(∀) ゚ エッ?って感じでした。ホントに死んじゃったの??って感じでしたね。さよなら意地悪ばあさん♪
最近記事にしたけど、映画「死に花」でエロ爺を好演してたのに…。
あのエロくてタフな爺のまま生きて欲しかったね。
「死に花」の記事はココです。

今年、「大奥」が映画化されましたが、元々今から23年前にフジテレビで放送された「大奥」がオリジナルなんですよ。
徳川初代将軍家康から、最後の将軍慶喜までの時代を大奥から見たドラマとして製作されたのですが、このドラマでナレーションを担当したのが岸田今日子でした。

思えば大奥とは、女人たちの運命のるつぼでございました。
大奥には女人の定めを思いもやらぬ方向に
大きく変えてしまう魔力のようなものが潜んでいたように思われまする。
と言う岸田今日子のオープニングナレーションは今でも耳に残ってます。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当です。
今日のテーマは、「今年初めて体験したことは?」です!

私なんかだと、何があったかな。
そうそう!ライブ初体験をしました。普段からCDはよく聴くし、
音楽も大好きなんですが、ライブに行くということは初めてしました!
怖そうだと思っていたんですが、友人に誘われたので行ってきました!
思っていたより全然怖くなく(笑)逆に友達より私の...
第178回「今年初めて体験したことは?」



一人で東京に行きました!!!(爆)
いや、仕事で一人で東京とかはあったんですけど、全くプライベートで東京に一人で行ったのは初めてでした。
何しに行ったか?
111_1134.jpg

皇居の二重橋で自分を双眼鏡で睨んでいる警官と闘ってましたゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ なんか双眼鏡で明らかに自分を見つめているので、自分も負けたくなかったのでデジカメ構えて、相手が目を反らすまで睨んでました(笑)結果、勝ちました♪ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

111_1109.jpg

皇居一周歩け歩け(ウォーキングをウチの方では「歩け歩け」と言ってます)しましたが、日にちが日にちだったので九段下で、機動隊と某団体の揉み合いがあり、ニヤニヤして眺めてました(笑)
111_1112.jpg


真夏の曇天模様の東京を皇居前広場からボーっと眺めてました。
111_1135.jpg

いや、本当は映画見に行ったんですけどね(笑)時間があったので好き勝手に歩きまくっただけです。
日本人の血液型の割合です。
A型40%、O型30%、B型20%、AB型10%

お中元、お歳暮、年賀状、など形式にはまった行事が日本には根付いています。すでに形骸化していても、それを守ろうとするのは日本人の良いところでもあり、悪いところでもあるのですが、自分が高校生の頃、ある先生が「日本人が一見、今の世の中ですでに形骸化したナンセンスな行動を取るのは、日本人にはA型人間が多いからだ」と言ったんですよ。
それってもの凄く説得力があるというか、(・0・。) ほほーっって感心しちゃったって言うか(笑)

A型人間は型にはまった事が好きです。(個性はありますが)
どうして?と考えるよりも、昔からやってる事だから、子供の頃から慣れ親しんでいるからと言う理由でかたくなに変化を嫌ったりします。
やらないと気持ち悪いんです(笑)

自分A型ですがちょっと違いますね(爆)
でも、昔から慣れ親しんだものを変えるのはもの凄く抵抗がある方です。食に於いても(笑)

A型人間の割合とO型人間の割合って絶妙な気がしません??日本て(笑)上下を付けるワケじゃなくA型→B型→AB型→O型の順で理性的と野性的に分かれると、ある占い師の叔母ちゃんが言ってました。
両極端が大半を占めて日本が成り立っていると考えるとなんか納得しません??しないか(笑)
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
今日、BSで「幻魔大戦」放映してたんだってね!!。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ しまった(T^T)クゥー


1983年角川映画。

角川映画初のアニメ映画つー事で話題でした。
制作:角川春樹 監督:りんたろう キャラクターデザイン:大友克洋音楽:キース・エマーソン 主題歌:ローズマリー・バトラー

豪華だ(笑)声の出演に当時デビュー間もない原田知世(角川3人娘)をキャスティングしてるのがポイントですねゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
キース・エマーソンの音楽ととローズマリー・バトラーの主題歌は一度聴いたら耳から離れないです。特にローズマリー・バトラーの主題歌は名曲ですね♪いま元気なのでしょうか??どこに居るのでしょうか?

この映画には元ネタがあるのは有名な話ですね。
ある映画をネタにして作られているのです。
その元になった映画とはコレ↓godzilla3.jpg

ゴジラなんですよね(笑)嘘だと思ったら見比べて見れば良いことです。基本的なコンセプトは殆ど同じですから。
キングギドラのデビュー映画でもあります。格好良いんだよなぁ~キングギドラ!!!炎の固まりがキングギドラに変形していくシーンなんか子供心にときめくまくりでしたよ(笑)(´▽`)はぁぁ・・♪

幻魔大戦が公開当時、自分は中学生だったのですが、英語の担任で「ヒルマ」先生という人がいたのですが、この映画が公開された後、あだ名が「ヒルマゲドン」になりました(爆)

英語の授業前にヒルマ先生が廊下を歩いてくると「ヒルマゲドン接近」とか叫んで笑ってましたね(笑)
cyuugaku.jpg

1992年アルゴプロジェクト作品

ウチの従兄夫婦は教師なのですが、「生徒も親も怖い」と言います(笑)
現場の生の声ってやつですね。
この映画も、現場の生の声を原作にしたモノを映画化したものです。
初めて観た時にちょっとした違和感というか世代の違いを感じたんですよね。
教師に対して子供の人権を訴えて反抗してみたり(笑)全然悪そうに見えない生徒がナイフで先生刺したり…。
昔って悪は見た目から悪だったけど、今の子は普通の顔して悪なんだなぁ。って正直思いました(笑)

この映画の主人公を演じたのが長塚京三!!彼が演じる教師が最高です。
映画が始まって最初の方は、この教師の威圧的で管理的な態度が鼻につくんですが、見進めていくウチに、一切感情を表さないこの教師に妙な親近感を持ってしまうという不思議さがあるのです。
合理主義、現実主義、生徒にも親にも一切媚びないその姿
「一貫性を失えば教師は終わりだ」
「教師は権力の手先だ」と言い切る潔さ。
生徒が怖いから威圧的にしていると言って憚らない。
「学校に喧嘩を売るということは、世間に喧嘩を売ることだ」と説教。

人間的温かさ、優しさを表面上は見せない主人公の内面が分かってくると、凄くこの教師に感情移入してきちゃうんですよね。
こういう態度でしか生徒に接する事が出来ない、こういう態度でしか生徒を愛することしか出来ない、こういう態度でしか生徒を導けない。不器用というよりも、計算なんだろうね?兎に角、孤高の教師です。さりげなくクラス内のイジメも解決しちゃってるんですよね…計算で(笑)
「涙は心の汗だ!」とか「夕日に向かって走れ!」とかの時代はもう過去で、
自分のスタイルを絶対に崩さないこの教師がもの凄くリアルでした。
この長塚京三演じる威圧的な教師に対抗して、生徒と友達感覚で接する美術教師として藤田朋子が登場します。
生徒の味方、生徒の意思を尊重する、生徒は友達、生徒の悩みは自分の悩み。って言うような教師ですが、自分こっちの教師の方が信用出来ないし嫌です(爆)
事実、彼女はエライ目に遭うのですが(笑)

映画自体も、極力抑揚を抑え淡々と展開していきますが、それが妙に生々しさを表しています。校内対抗マラソンのシーンも決して安易に盛り上げようとせず逆にそれが静かな高揚感を出していて平山監督良い仕事してます♪

今も昔も教育と言うのは重いテーマですが、この映画はその重さをハードボイルドに置き換えて描いたと言っても過言じゃない映画です。(茶化してると言う意味じゃなく)
とにかく良い映画だと言うことです(笑)

ウチの従兄はどちらかと言うと「涙は心の汗だ!」「イソップぅぅぅぅ~!」タイプです(爆)
どうしても理解できない世の中の常識


・年賀状という常識もうそろそろやめてもいいだろ……21世紀だぞ……

・会社の飲み会。もともと参加したい人達が幹事で開くのに行かない奴がいると批判 する不思議。 やりたい奴だけでやれよ、ボケと。

・流行語大賞で初めて耳にした言葉が受賞してること。

・あれだけの化学技術力を持ちながらアンパンマンに、簡単に負けるバイキンマン。

・男はみな痩せた女の方が好きだという、女の間違った常識

・常識ってほどではないけど、未だに日焼けした肌が健康的という認識。

・テレビの視聴率至上主義そんなんだからニュース番組もバラエティ化してんだよ

・冠婚葬祭。やりたい人だけがやればいいのに周りと同じようにやらないと変わり者と見られる

・ちょっとワルそうなのがモテてオタクはモテないこと

・音楽好きなやつ→オサレ アニメ好きなやつ→きんもー☆世の中間違ってる

・男一人でミスタードーナツに入店すると女子高生に笑われること

・キツい仕事ほど低賃金で楽な仕事ほど高収入なこと

・新卒至上主義

・いくらバイトしても職歴に含まれない

某掲示板のスレなんですけど、面白かったので載せました(笑)










h2a.jpg

本当は土曜日に打ち上げだったんですけど、天候状況により、本日15:32頃、打ち上げです!H2A 11号機。
大型衛星「きく8号」を打ち上げるため、今までよりもブースターを増やしての打ち上げになります♪成功祈ります!!

技術試験衛星VIII型「きく8号(ETS-VIII)」は、世界最大級の大型展開アンテナにより、携帯電話と同程度の小型端末を用いて移動しながらの通信を可能とします。
 山間部や海上など地上交換局がない場所での利用のほか、災害時の緊急車両の運行や被災者救援の迅速化など、私たちの暮らしの身近な場面で役立てられることが期待されています。


JAXAでは14:30より打ち上げライブ中継がネットで始まります。
ライブカメラではすでに打ち上げ発射台にH2Aが移動してますね!!ライブ中継はココです。
なんかロケットの打ち上げってワクワク、ハラハラするんですよね。
男のロマン(笑)
身内の恥をさらすようですが…えっ、お前が恥さらしだ??
ウチの母親は整理整頓が出来ません。いや、母は母なりにやっているのでしょうが、自分的にはダメダメです(笑)
特に台所が駄目。
自分もたまに調理しますが、もの凄く使いづらい配置だし、無駄なモノが多すぎるんですよ。
使用頻度の高いモノが戸棚にしまってあって、滅多に使わない鍋とか道具が外に出ていたり、本当に駄目!(笑)

3年ほど前に、母親が1ヶ月弱入院した際、全部配置換えして無駄なモノは仕舞い、もの凄く機能的にしたのですが、3年の月日がまた元に戻してしまいました(笑)

母親今日も旅行(またかよ!!)だったので、思い切ってまた半日掛かって台所の大掃除と配置換えしちゃいました(爆)
明日帰ってきたら憮然とするんだろうな。

どう考えても使いやすい機能的な配置なんだけどなぁ。


IMG_0175.jpg

本当はさ、(語尾に「さ」を付けるのは方言なんだってね・笑)「犬神家」見に行こうと思ってたんだけどさ、今朝、4時だよこいつに起こされたの。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

21:00にはコロっと寝ちゃう良い子なんだけど、朝が早い早い(爆)
寝不足で頭ぼーっとしてるし車運転するのも危険なので止めました(笑)良い状態で映画観たいしね…と言っていると上映期間が終わってたりする。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

こーすけにオムツかぶせて遊んでたら本人気に入ってしまい外そうとしません ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
血だな、ウチの正統なる血を引いた子だ!!この子は!!(どういう子だよ!!)

1941.1.jpg

1979年ユニバーサル映画。

WOWOWで「1941」放映してます♪
スティーブン・スピルバーグ監督最大の失敗作と言われている映画ですが、大好きです(笑)
確かにこの時点(1979年)では、失敗作と言われても仕方ないかも知れません(百歩譲ってね)でも今考えれば、もっと酷い映画あるし(爆)「フッ●」とか「宇●戦争」とか「A.●」とか(爆)
スピルバーグって自分を失っている様な気がします最近特に。
つーか80年代後半から急につまらなくなった。
つまり、スピルバーグは賞取りを意識する様になってからもの凄くつまらなくなった。良い映画もあるけど、全体的につまらない。

「1941」
1941とは西暦の事。1941年は太平洋戦争が始まった年。
ハワイ真珠湾を日本海軍が攻撃して戦争が始まりましたが、この映画の主人公たちはロサンゼルスの人たち。
ハワイの次ぎは、日本軍が東海岸にやってくる!と言う噂が駆けめぐり、人々は恐れていた。

そして、日本海軍の潜水艦が海岸に姿を現した事により、ロスの街は大パニックに陥る。

こう書くとシリアス戦争映画化と思うでしょうがコメディーです(笑)
コテコテのドタバタ喜劇です。
もうメチャクチャです。みんな狂ってます(笑)

日本海軍がアメリカ本土に侵略を開始!!!実は潜水艦は1隻で偵察任務だったんですが、ロスのみなさんは大騒ぎ、味方同士で大喧嘩はじめるわ、味方を打ち落としておいて「ゼロ戦を落とした!」なんて騒いでる始末(爆)

日本は日本で三船敏郎率いる潜水艦乗務員は、同乗しているドイツ士官(クリストファー・リー)としっくり行かないでトラブル続き(笑)

お互いが勝手に揉めて物語は進んでいきます(爆)
何も考えずに楽しめる映画なんですけどね。ホント最初から最後までバカですし(笑)

三船敏郎はこの映画に出る前に「スターウォーズ」のオビワン・ケノービ役のオファーをルーカスからされていたんですが、ワケの分からないSF映画って事で断っちゃったんですよね(笑)

そしたら、その断った映画が世界的大ヒットになってしまい。後悔したのか、このスピルバーグの映画に出たんですけど、スピルバーグ最大の失敗作と言われちゃた映画になってしまったし、運がないのかね(笑)

自分は大好きだよ敏ちゃん!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
遊園地の観覧車壊して「敵に大損害を与えた!!」と意気揚々に演説する三船敏郎キュートです(爆)
ウチの長男イチロー(♂猫10才)は、汲み置きした水を飲みません。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ 新鮮な水を飲みたがります(笑)




水を飲ませろ!!って訴えて来ますので、水道を細く出すと当然の様に水を飲むんですよね(笑)昔からこんな調子です。
因みにラルは前足で水をすくって飲むので、常に前足がビショビショです。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ 

風呂に入ると必ずラルが入って来て、風呂の縁に乗ってお湯に前足を付けて遊んでます(笑)
ウチでは当たり前の光景なのですが、人が見たら驚くのかな??(笑)

WHAT'S NEW?