110_1051.jpg

110_1056.jpg

母親が軽井沢に遊びに行ったらしく、おぎのやの「峠の釜飯」を買ってきてくれました!!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
美味いんだよねぇ~コレ♪

そして軽井沢でインパルスに出会ったそうです(笑)
karuizawa.jpg

母曰く「顔は分かるけど、名前が分からない人がいた!!!」だって(笑)
スポンサーサイト
ged.jpg


各方面でかなりの批判を受けてましたが、確かに…その批判がわかります。
自分は原作を読んでいないので、原作との比較は出来ません。
だからこそ、この映画で「ゲド戦記」を知る立場なんですよね。でもね、言いたいこと伝えたい事は何となく判るんだけど、ちゃんと見る側に伝わって来ない。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

とにかく主人公に全く感情移入出来ないし、弱々しく、女々しく、意気地のない姿に苛立ちさえ覚えてしまいます。
もの凄く良いテーマを扱っているのにぼんやりとしか、その良いテーマが見えてこないもどかしさ…。もの凄くフラストレーションの溜まる映画でした。
父親が偉大だろうが、所詮素人が作った映画です。

それを許した鈴木プロデューサーが悪いんですよね。
確かに宮崎駿の息子が監督するというのは、それだけで話題になります。
プロデューサーと言う仕事は、監督の要求と予算の中でどれだけの映像を作れるかのお膳立てと、その映画をどれだけ売ることが出来るかが仕事です。

ジブリと言うブランド力はもはやかなりの力がありますよね。その名だけでも売れるくらいに…なんでココで素人を起用しなければならなかったのか??
敏腕なプロデューサーなら、そのスタジオ内で実力のあるスタッフに監督させるべきじゃなかったのか??

なんのタメにジブリを作り、スタッフを育ててきたのか??
ジブリと言う組織の立場が見えてこない映画です。
力はあるのに日が当たらない人が必ずいるはず…それを見抜くのもプロデューサーちゅーもんでしょ??

「これ、宮崎駿が撮ったらなぁ~」と言うため息が最後まで出てしまう映画であった事は確かです。

110_1047.jpg

日本が沈没する夢をみました。当てもなく逃げまどう人々の中で自分は逃げる途中の駅で、駅弁に目を輝かせていましたガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
sumidagawa.jpg


なんか、HDレコーダーに、昨日の「隅田川花火大会」の生中継放送が録画されていた(笑)自分が予約録画したらしいけど…覚えてない。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
でも、花火は生でみるもんだよね…テレビで見ても仕方がないような…。
地元の花火大会を、地元のFM局が生放送するんですけど…音だけ聴いても…(笑)
なんだかなぁ~。

隅田川の花火は1度だけ生で見たことあるんです(笑)
出張帰りの列車の中で(爆)花火みるのは良いけど、あの人混みには閉口しちゃうね。つーか、プライベートで花火なんて数える位しか行ってないよ。

毎年花火を見ていたのですが、それは仕事の付き添い。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
一番良い席で見られるし、待遇は良いのですが、所詮は仕事だからね(笑)楽しいワケはない。トイレの心配、迷子の心配、食い過ぎの心配、色々神経使うので花火なんかゆっくり見られねぇ~!!!

浴衣姿がドキッとする女性にあうとついつい見入ってしまうのですが、ゆっくり見ている暇がない(つーか、見るな!!)
かといってプライベートで花火見物は、飲んじゃって花火なんかどうでもよくなる自分(爆)まあ、どっちにしても人混みがダメなんですけどね。

周囲が全員敵に見えるんでゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ危なねぇぞ!!

mama.jpg

「誰よりもママを愛す」を密かに毎週楽しみにしているのですが(笑)
小林聡美が良いんですよねぇ~(爆)でも、今日は彼女の過去がわかりちょっとo(TωT )( TωT)o ウルウルでした(笑)
「パパはニュースキャスター」とか「うちの子にかぎって」とかまたみたいな。
ドラマのTBS、報道のTBS、民放のNHK、視聴率王のTBS…昔の光今いずこ(笑)
110_1043.jpg


果物殆ど口にしないのですが、桃は別物(笑)桃大好きなんですよ(人´∀`).☆.。.:*・゚
だからネクターも好き(爆)
なんでこんなにも美味いのでしょうか桃って♪

以前、7月9日、10日に職場の旅行で山梨に行ったのですが、桃売り場の叔母ちゃんに「今日は、誕生日なんだよなぁ~」って言ったら、桃ジュースを1本くれた(笑)他の職員は桃を買ってくれたり最高の誕生日でしたゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
110_1033.jpg

bunnyさんと一緒の野菜スープ♪ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

summer.jpg

2005年本広克行監督作品。

「俺のヴィダルサスーン返せよぉぉぉぉぉ!」
「お前、ヴィダルサスーンって言いたいだけだろ!」
の会話に大笑いしてしまいました(爆)

銭湯でシャンプーが無くなっちゃった時の会話ですが、「俺、ヴィダルサスーンじゃないと洗った気がしないんだ!」とか、ただヴィダルサスーンって言うだけでツボに入っちゃうんですよね(笑)

すみません全く意味が分からないでしょ(;´▽`A``

あらすじ
夏休みなのに毎日大学に来ては、部室でたむろしている「SF研究会」の面々は、大切な部室のクーラーのリモコンを壊してしまう。翌日、いつものようにメンバーが部室を訪れると、そこには見慣れない金属製の物体が置かれていた。座席とダイヤル、レバーがついたそれは、タイムマシンのようにも見える。そんなワケない、と言いつつも「とりあえず昨日に戻って、壊す前のリモコンを持って来よう」と、部員たちは軽いノリでマシンに乗り込むが・・・?!

「踊る大捜査線」の本広克行監督が昨年撮ったSF映画なんですけど、コレ傑作です(笑)もの凄く面白いです。
物語の小ささ、登場人物たちの何気ない会話が素晴らしいんですよ(笑)
馬鹿っぽいケド、愛着がわく(笑)

タイムマシンを駆使してクーラーのリモコンが壊れる前の昨日に行く大冒険!!(笑)タイムマシンで昨日に行くという一見全くスケール感のない小ささ(笑)
でも、このショボイ内容がもの凄く身近な物語となり、好感触なんですよね!

そして、張り巡らされた伏線がちゃんと最後はまとまる快感(人´∀`).☆.。.:*・゚昨日と今日を行ったり来たり、ただそれだけでこんな面白い映画が出来るなんて!!!!ホント素晴らしい♪お勧めです。
ヴィダルサスーンの台詞を聞くだけでも価値あり!!(いやマジで!!)
結局無くなったヴィダルサスーンは!!!。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
ああ、ヴィダルサスーンゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
sokoku.jpg


マコ岩松さんがお亡くなりになったんですね…。日系アメリカ人のハリウッド俳優です。アーノルド・シュワルツネッガーも知事として異例の哀悼の意を発表したようですね。白人優越主義のハリウッドで、東洋人として俳優業をするのは、今はともかく、昔は大変な事だった。
しかし、彼はハリウッド俳優として生き、死んでいきました。享年72歳。

最近の出演では「パール・ハーバー」で山本五十六連合艦隊司令長官を演じていましたが、昨年の8月にWOWOWで放送された、終戦60周年記念ドラマ「祖国」が凄く印象的でした。

戦争で、祖国をすてた男が数十年ぶりに日本にやってくる一種のファンタジー作品でしたが、自分…泣いちゃいました(笑)
まさか、こんなにも早くお亡くなりになるとは…。
ご冥福をお祈りします。

また、暑い夏が来ますね…。日本の夏。全てが終わり、全てが始まったのは夏でしたね。

110_1030.jpg

witness.jpg


殺人事件を目撃してしまった子供と、その母親。事件に巻き込まれた親子は、宗派に背くことなく戒律を重んじ前近代的な営みを続ける“アーミッシュ”と呼ばれる異文化の人だった。傷つきながらも親子を村へ送り届けた刑事ジョン・ブックは、体が治るまで滞在しアーミッシュの人々と触れ合うが、敵の刺客も迫っていた……。

下に「満月」の記事を書きましたが、この映画も満月みたいなモノです。
満月は300年前の侍と現代女性の愛を描いてますが、この映画は、同じ現代を生きている男女なのに全く別世界の生き方をしている二人なんです。
あらゆる機械文明を否定し、17世紀のままの生活スタイルをかたくなに守るアーミッシュと現代を生きる男の物語。

初めて見たのは…高校生の頃でしょうか??何度見たことか…何度見ても素晴らしい映画です。コレは超お勧め!!!

SFでもなく、ファンタージーでもなくサスペンスと思いきや、ちょっと切ないラブストーリーだったりします。
この映画でアーミッシュと言われる人たちを知りましたし、その生活ぶりの清貧さ、カルチャーショックでした。

アーミッシュの人たちが、仲間の納屋を組み立てるシーンは凄いです。このシーンが見たいために映画を観てるのかも知れない自分(笑)
また昼食がもの凄く美味そうなんですよ♪フライドチキンにレモネード(人´∀`).☆.。.:*・゚
同じ現代を生きながら豊かな文明を自ら享受する事を拒否して生きていく人々…。
アーミッシュの暮らしを見るにはもってこいの映画かも知れません。

ハリソン・フォードの映画でナンバー1だと思います♪
 
20060728084640.jpg

110_1028.jpg


ウチの妹は自称「唄って踊れる看護婦」なんです(笑)結婚式でもウエディングドレスのまま踊りまくってました。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
時々、妹が勤務する病院に行くのですが、病院の長い廊下を歩いていると気分は田宮二郎(爆)「白い巨塔」のテーマ口ずさみながら廊下を肩で風を切って歩く自分(爆)そのまま妹が居るナースステーションを通り越すこともしばしばでしたゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ危ないぞ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

唐沢版の「白い巨塔」も大好きだったけど、やっぱ「白い巨塔」のオープニングは田宮二郎版が最高だね♪
ちょっと自分、ボーッとしてます…。
こんな感情抱いたのは久しぶりです。恋愛と失恋を一度に味わった気持ちです(笑)
18年前に1冊の本に出会いました。
原田康子著「満月」

mangetsu3.jpg




仲秋の満月の夜、愛犬セタを連れて散歩に出た若い高校教師まりは、豊平川の河原で奇妙な男と出逢う。まるで時代劇から抜け出してきたような格好の男は、津軽藩士・お手廻り組、杉坂小弥太重則と名乗った。アイヌの老婆フチの魔術によって時を越えて北国の街に現われた三百年前の侍と、現代的な女教師との不思議な恋愛を描く、ちょっぴり切ない長編ロマンティック・ファンタジー。

18年前この小説を読んだ自分はもの凄く感動して胸を締め付けられ、この物語の虜になり、やはり恋愛と失恋を同時に味わった気持ちになったんです。
大好きな本だったのに行方不明になり、本自体も絶版になり、18年間の月日がながれて偶然またこの本に出会うことが出来たんですね!!

そして、読み終わりました…そして18年前に味わった気持ちを18年後の自分が再び味わえた事に喜びました。18年…かなりスレた人間になった自分ですが、あの頃と同じようにこの物語の世界に浸れた事が嬉しかったです。

不思議で切ないラブストーリーです。300年前の侍と現代の女性の確執と和解と愛情の物語。終盤に近づくにつれ動悸が激しくなり、心の中で、その瞬間が来ないで欲しいと願ってしまいました。

SFは、サイエンスフィクション。とかく大げさに描けるし、描きたくなるモノでしょうが、作者はこの物語を、こぢんまり、こぢんまりと描き、300年前の侍が300年後の世界で狼狽しながらも生活して行く様を丹念に描いています。

300年前の侍に出会う主人公の狼狽もすごく自然だし、毅然として侍を受け入れる主人公の祖母も、もの凄く自然に描かれていて、タイムスリップものなのに嘘くささが殆ど無いというか、引き込まれてしまうんですよね。

自分が月を眺めるのが好きなのは、多分にこの小説の影響があるんですよね。
今年の中秋の名月は、また見る目が違うね♪月見て泣いちゃうかもゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ気持ち悪いぞ(笑)

もう無くさない一生手元に置いて大切にしますこの本♪

以前にも書きましたが、この小説は映画になってます。

mangetsu.jpg

原田知世&時任三郎主演で…。
でもね、原作の空気をメチャクチャにしちゃてるんです。タダの冒険活劇ラブストーリーに。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

この映画化以前に、中井貴一&薬師丸ひろ子主演で映画化が企画されたのですが流れてしまいました…。
この小説の空気を大切にした映像化を期待したいのですが…。

それにしても何なんでしょうね「満月 Mr.moonlight」なんて余計な英語の副題つけて…。主題歌は奥居香がカバーしたビートルズの「Mr.moonlight」なんだけど、ハッキリいってこの物語には合いません!

何でも横文字付ければ格好良いなんて思うのは日本人の情けない部分であると思うのです。この映画は大嫌い!!(;゚д゚)アッ....出演者がどーの、こーのじゃなく、監督のセンスが悪すぎますね(笑)
110_1027.jpg


「そうだ!尾瀬に行こう♪」と誰が言い出したか分からないけど、4年前の8月、その言葉に反応した男女6人が急遽、その週末に尾瀬に行くことになった(笑)
6人の中で尾瀬に行ったことがあるのは自分だけ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

しかも、その時の自分は仕事上の事故で肋骨2本骨折状態で痛み止め飲んでの参加ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!何故そこまでして尾瀬に行くんだい?そこに尾瀬があるからさ!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

鳩待峠から入り尾瀬に突入。天気も良く最高だったね♪久々の尾瀬を満喫しましたし、他の奴らは初尾瀬に感動してました。
そして丁度昼時に見晴と言う場所まで到達。そこでお昼を摂ることになり、そこの山小屋の食堂に入る。もう、みんなお腹が空いていたらしく全員が「カレーライス」を注文。「米喰わなきゃ、持たないよねぇ~」なんて言いながら(笑)

ちょっと遅れて親子連れが入ってきて、子供が「僕、カレー!」と注文。
店員が「すみません、ご飯が今終わってしまったんです」
子供「えーーーー!ご飯が食べたいよぉ~」
お父さん「しょうがないよ、ラーメンにしよう!」と息子をなだめてる…


男女6人お互いを見回す(笑)
「譲れないよね?」
「譲れないですよね?」
「譲りたくもねぇ!」
とヒソヒソ語り合う。

しばらくして子供の前を香ばしい匂いを漂わせ通り過ぎる6人前のカレー(爆)
子供が食い入る様にこっちを見つめる。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
その痛い視線を感じながらそそくさとカレーを食した。
「世の中サバイバルなんだぞ!小僧!!」と心で叫んでたね(笑)

帰りの車中で痛み止めが切れ、車が揺れるたびに悶絶してた自分(笑)
あらゆる意味で痛い尾瀬だった。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

もう4年も尾瀬いってないんだぁ~(しみじみ)
110_1022.jpg

今日の酒の肴は鰹のたたき♪うんまいねぇ~(人´∀`).☆.。.:*・゚
久々に夏空が拝めた今日…学生は夏休みなんだね。

自分A型です。計画するのが大好きです(実行力はない)毎年夏休みに計画する事は、7月中に宿題を全てやってしまい、8月は思い切り遊ぶと計画し結局一度も実行したことが無く、8月31日に押し花を作らなきゃ!!!ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!となっている始末でした(笑)


この間、去年予告をみてちょっと見てみたいかも??って思った映画を観ました。
hinokio.jpg

どうせ、お子様対象の映画だよなぁ~と思いつつ見たからなのかも知れないけど、コレが中々出来の良い映画で(笑)おみそれしましたm(。_。;))m ペコペコ…
面白かったです♪

ただし、一つ文句を言えば、堀北真希に小学生役をやらせるのはいくら何でも無理すぎる。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
親子で観るのはもってこいの映画です。夏休みお勧め映画(笑)


毎年、毎年ウチの婆ちゃんが夏休みに言う台詞(笑)「ああ、なんで夏休みなんてあるんだい!!学校行ってれば静かで良いのにあ~恐ろしいよ!!まったく!!暗くなるまで帰ってくんな!!」(笑)
110_1021.jpg


昨日、文化放送が、四ッ谷から浜松町の新社屋に移転した。
四ッ谷で55年間放送を続けてきた文化放送。ラジオといえば自分的には文化放送だったので感慨もひとしおでした。
小学生の頃から結構ラジオっ子で、文化放送を良く聴いてました。
bunka.jpg

「吉田照美のてるてるワイド」大好きでした。深夜の「ミスDJリクエストパレード」は小学生だった自分にはちょっと年上のお姉さん(川島なお美や千倉真理)の声が魅惑でした(笑)

今も放送中の「走れ歌謡曲」(AM3:00)が始まるといい加減寝ないとやばいぞ!!!って焦りましたし(笑)

昨日、新社屋移転最初の放送は13:00の「吉田照美のやる気マンマン」でした。
そして、記念すべき最初の第一声は!!!!!吉田照美じゃなく小俣雅子でした(爆)「お前!俺よりも先に声出したな!!!」と怒る吉田照美に爆笑してしまいました(笑)

なんか、四ッ谷社屋のお別れは涙、涙だったのに、新社屋は笑いから始まりました(笑)ラジオは想像力が養われる媒体だと思うんですよね。TV見たいに視覚と聴覚から情報を得るのと違い聴覚のみに頼るラジオって存在はまた結構良いもんです♪
inugami2.jpg

言わなくて分かってる人多いでしょうが自分変な奴なんですよ(笑)
結果がどうなるか分かっているのにやってしまうことがあるんです…もの凄い変なことを(爆)
つまり、技術家庭科の時間にハンダゴテでラジオを組み立てていて、「今、このハンダゴテを触ったら火傷するよね」って思っていて触って火傷したりゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

「ホチキスを指に挟んで押したら手に刺さるよね」って思っていて刺して大騒ぎしたりゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

体育のプールの授業で「真っ逆さまに飛び込んだら頭打つよな」って思ってやったんですよ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

まさに「犬神家の一族」の↑のスケキヨ状態(爆)(;゚д゚)アッ....このポスターの足は本当はスケキヨじゃないんだけどね(笑)
すぐに救助されたけど、良く覚えてないんだよね(笑)ただ頭がもの凄く痛かった…当たり前だよね。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

この3ケースはみんな中学の頃の話。まあ、思春期の暴走ってヤツ??(違うと思う…ただの馬鹿だ!!)ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

今日、書店でキネマ旬報を立ち読みしたら今年の12月に公開される「犬神家の一族」の記事が載っていて、音楽なんだけど、市川崑監督ともう20年以上コンビを組んでいる谷川賢作(谷川俊太郎の息子)が担当するんですよ。
でも、メインテーマ曲は30年前の前作で大野雄二が作曲した「愛のバラード」がそのまま使われるらしい!!!!!!

もの凄く嬉しくて嬉しくて♪「犬神家の一族」にはやっぱあのテーマ曲が必要さ!!
あの「愛のバラード」はホント名曲だと思うんですよね。
あの、オドロオドロした映画に絶妙に合いつつもどこか爽やかでさっぱりしている音楽なのです♪要するに30年前の「犬神家の一族」は完璧だったって事なんだけどね(笑)

まだ夏さえ来ていないのに暮れの話をしている自分(笑)
110_1015.jpg

お昼は素麺だったんですけど…問題が…。

110_1009.jpg

茹ですぎだろ!!!!ウチのママン。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ 時々「???」って事するんだよね(笑)コレで一人分だってガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
何輪茹でたのか???素麺大好きなので全部食べたけど気持ち悪くなりました(笑)

110_1019.jpg

ピー太郎さんには、妹が朝、食い残したホッケをあげました。妹は魚が上手に食べられない子です(笑)






・ルール
経験したことあるものには○、無いものには×をつける 

01 入院 ○ 20歳の頃、1週間ちょっと。

02 手術 ○ 下半身麻酔が恐ろしかった。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

03 骨折 ○ 初骨折は、23歳の時に壁を思い切り殴って(笑)

04 献血 ○ 針は怖いです。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

05 失神 ○ ソフトボールの打球が左目直撃したときガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

06 風俗 ○ 友達に騙されて一度だけ(T^T)クゥー本当に騙された。 

07 しゃぶしゃぶ ○ しゃぶしゃぶは飽きるよね(笑) 

08 エスカルゴ ○ 味が思い出せない(笑)

09 万引き × コレは絶対にしない

10 補導 ×  スピード違反なら多々あり(補導じゃねぇだろ!)

11 女を殴る × 彼女を殴りそうだったので壁を殴ったのさ(笑)問3の骨折は…。

12 男を殴る ○ 

13 就職 ○ 

14 海外旅行 × 日本が好きです(爆)飛行機嫌いです。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

15 ギター ×  

16 ピアノ × ピアノ教室に幼き頃行っていたけど弾けないのと同じ(爆)

17 バイオリン × そんな高貴なもの…

18 眼鏡 ○ 中学の時0.01 今1.5(笑)でもメガネ持ってます

19 オペラ鑑賞 × 最高ミュージカル止まり(笑)

20 テレビ出演 ○ 地元テレビに中学の頃
 
21 パチンコ × 大嫌いです(笑)つーか賭け事に全く興味なし

22 競馬 × だからギャンブル嫌いだって!

23 合コン × 酒を飲むなら酒に集中しなさい。酒を色事に利用するな!

24 北海道  × 北限:青森 南限:高知です自分(笑)

25 沖縄 × 上記参照

26 四国 × 土佐の高知に2回ほど♪宇高連絡船で喰ったうどんの味が忘れられません

27 大阪  ○ 23歳の時に1度だけ一人旅で行った。新幹線の冷房で風邪ひいた

28 名古屋 ○ 1997年に行った。櫃まぶしがうんまかった(笑)

29 エスカレーターを逆走  ○ 仕事上やむ終えずやった(どういう仕事だよ!)

30 フルマラソン × 自分は短距離選手です(笑)

31 自動車の運転 ○ 

32 10kg以上減量 ○ 

33 交通事故 ○ 自爆ですけど
 
34 1万円以上拾う ×
 
35 1万円以上落とす × 

36 徹夜で遊ぶ ○ そんな事ができた若さもかつてはあったんですよね…

37 ピアス × 嫌いです

38 50万円以上の物をもらう ×  貰ったとしても気持ちよくないかも

39 ラブレターをもらう ○ あったような気がする(笑)

40 一目惚れ ○ 一目惚れした人と付き合った事はない(笑)

41 幽体離脱 × 

42 先生に殴られる ○ 昔は全然OKだったよね?殴られる方も悪いんだし

43 徒競争で1位 ○  

44 妊婦に席を譲る × そういうシチュエーションに出くわした事がない

45 他人の子供を叱る ○ そういう仕事だったんです

46 20過ぎて素面で転ぶ × 

47 同棲 × 

48 ストリート誌に載る × 

49 2m以上の高さから落ちる ○ 8年前に後頭部強打しましたが今も元気です! 

50 学級委員 ○ 委員長はやった事ないけど、委員はやった事あるような??

51 恋人が外国人 × 自分は日本人が良いです
 
52 刺青 × 痛いのダメです

53 ナンパ × 

54 逆ナンパ ○ 前橋駅前で銭湯帰りに一度だけ(笑)

55 ディズニーランド ○ なんか好きな奴がいて毎月1回は行っていた時期が…

56 一人暮らし × 住み込みならあるんですけど…

57 スキー × 付き合いでシーズンは毎週行っていた時期が…

58 スノボ ×  なんかコレ嫌い

59 サーフィン × 海と言えば魚市場♪宝の山(笑)

60 異性に告白  ○ 泥酔して既婚者に「旦那が死んだら結婚して!!」って言ったらしい(10歳年上の女性)

61 同性から告白 × つーか、ファーストキスが男だったんです。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

62 中退 ×  もの凄く仲の良い奴が中退したときは泣いた

63 留年 ×

64 浪人 ×  大学行く頭脳は持ち合わせていないのです(笑)

65 喫煙 ○ 止めようとは思いつつ…

66 禁煙 × 止めようとは思いつつ… 

67 酔って記憶をなくす ○ そりゃ、もう特技ですから!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

68 飲酒運転 × 絶対にしません、そんな奴は酒飲むな!

69 保証人 × 肉親でも絶対になってはいけないと子供の頃から言われてました(笑)

70 幽霊を見る × 赤城ロマンドで子供の幽霊をみた!!

71 先生を殴る × 期末テストをボイコットしたことはあります(国語表現のテスト)

72 親を殴る ×  どんな事があろうとコレは出来ない

73 食中毒 × 牡蛎で家中食中毒になったのに自分は平気だった…何故??

74 無言電話 × 

75 ピンポンダッシュ × 
介護疲れと生活の困窮から今年2月、合意の上で認知症の母親=当時(86)=を殺害したとして、承諾殺人などの罪に問われた長男の無職、片桐康晴被告(54)=京都市伏見区=に対する判決公判が21日、京都地裁で開かれた。東尾龍一裁判官は「結果は重大だが、被害者(母親)は決して恨みを抱いておらず、被告が幸せな人生を歩んでいけることを望んでいると推察される」として懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年)を言い渡した。
 判決によると、片桐被告は今年1月末、介護のために生活が困窮し心中を決意。2月1日早朝、伏見区の桂川河川敷で、合意を得た上で母親の首を絞めて殺害し、自分の首をナイフで切りつけ自殺を図った。
 論告や供述によると、片桐被告の母親は父親の死後の平成7年8月ごろに認知症の症状が出始め、昨年4月ごろに症状が悪化。夜に起き出す昼夜逆転の生活が始まった。
 同被告は休職し、介護と両立できる職を探したが見つからず、同年9月に退職。その後、失業保険で生活している際に、伏見区内の福祉事務所に生活保護について相談したが受給できないと誤解し、生活苦に追い込まれて心中を決意した。 殺害場所となった桂川河川敷では、家に帰りたがる母親に「ここで終わりやで」と心中をほのめかし、「おまえと一緒やで」と答えた母親の首を絞め、自らもナイフで首を切り自殺を図った。前日の1月31日には、母親を車いすに乗せ、京都市街の思い出の地を歩く“最後の親孝行”をしたという。
 判決理由で東尾裁判官は「相手方の承諾があろうとも、尊い命を奪う行為は強い非難を免れない」としながらも、「昼夜被害者を介護していた被告人の苦しみ、悩み、絶望感は言葉では言い尽くせない」と、追いつめられた片桐被告の心理状態に理解を示した。
 また、判決文を読み終えたあと、片桐被告に「朝と夕、母を思いだし、自分をあやめず、母のためにも幸せに生きてください」と語りかけた。同被告は声を震わせながら「ありがとうございます」と頭を下げた。



この事件…泣きましたよ…「半落ち」ですよ。
「半落ち」は認知症になった妻を夫が懇願されて殺してしまいますが、この親子は、すがるモノが無くての結末…。
この記事では「受給できないと誤解」と書いてあるけど、誤解を招くような対応をした行政がおかしいんですよ。
何故この人は、訪問介護やデイサービスや介護施設を利用しようとしなかったのか?
選択肢があっても、本当に困ってる人がそれをどう利用して良いのか分からない複雑さも原因なのかね?

コレは憶測だけど、この人、例えそう言う施設があっても、利用したくなかったんじゃないかと…。自分の母親は自分の手で介護したかったんじゃないかと…。
「今でも母親が大好きです、もし生まれ変わってもまた母の子として生まれたい」とこの被告は言った。

愛する故に、他人の手を借りたくなかったんだと。自分の大切な愛する母親を人に預けるなんて出来なかったんだと。
自分も福祉施設で働いてきた人間ですが…自分の親がそうなっても…施設に入れたくないのが本音です。これは綺麗事です。でも、出来るなら入れたくない。そこがどんなにアットホームで設備がいい施設でも…。

こういう介護福祉の狭間で起きる悲しい事件はホントに嫌です。
人間がやる行為なのか?と信じられない凶悪事件が多い中でこんなにも切なく悲しい事件が起きる…。もの凄く語弊があるし、不謹慎だけど、なんか心が洗われる事件だと…。

罪は免除されてもこの人…一生思い十字架を背負って生きていかなければならない。
生きているのが辛いだろうけど、絶対生きてください。
110_1008.jpg

昨日、お風呂入らないで寝ちゃったらしいコースケ(1歳9ヶ月)を朝風呂に入れる。驚いた!!!!(笑)平気で頭洗わせるんだよねこの子ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
自分、幼稚園くらいまでシャンプーハット使わないと頭洗えなかったのに。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ 大したもんだよ。もうすでに叔父を越えた(爆)

妹一家でこの間ディズニーランドにいったらしい。

妹「真央、ミッキーに写真撮ろうって言ってきな!!」
真央「うん」

真央は何故か、ミッキーのそばにいた外国人に「ねえ、写真撮って!」って腕を掴んでお願いしたらしい(笑)

妹慌てて連れて逃げたって(笑)
そんな会話しながら食べた朝食。これ以外に妹には甘い卵焼きが付きました(笑)
amai.gif

ウチの県…甘い派が多い。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ(笑)
tachigui.jpg

月見の銀二 、ケツネコロッケのお銀、哭きの犬丸、ハンバーガーの哲、中辛のサブ、牛丼の牛五郎、フランクフルトの辰、冷やしタヌキの政
 
立ち食い食堂に立ち寄り、出された料理に膨大な知識で難癖をつけ、代金を払わずに立ち去るという立ち食いの“プロ”の物語。


押井守がこんな映画を撮っていたとは知りませんでした。。゛(ノ><)ノ ヒィ
立ち食い大好きな自分は是非見に行きたい映画ですが、この映画、今年の4月にミニシアターで公開されたのですが、ウチの県には来なかったんですよね。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ でも8月にくるみたいです!!!

押井監督自身が立ち食い蕎麦マニアですから、かなり思い入れを込めた映画になってると思います(笑)
う~駅そばが食いたくなってきた(笑)ちゃんとお金は払いますけど(爆)

110_1003.jpg

昨日の「所漫遊記」は深大寺そば「門前」で、蕎麦打ち対決(笑)
蕎麦が無性に食べたくなりました。
それにしても…ミキサーで蕎麦粉こねるな!!!!!!パスタマシーンで蕎麦生地を切るな!!!!(笑)
バラエティー番組とは言え、蕎麦で遊ぶ姿はむかついてしまうけど、自分で打った蕎麦はちゃんと食べていたのでOK(笑)

この番組で「門前」の主人が打った「しそきり」がもの凄く食べたかったです♪
蕎麦生地に紫蘇の葉を練り込んであって美しい緑色(人´∀`).☆.。.:*・゚
見ただけで紫蘇の香りが漂ってきそうでした。ああ、今日も朝から蕎麦な気分。

自分って「ざる」を頼むことが多いのですが、その次ぎに多いのは↓
031210_3_2.jpg

鴨南蛮(笑)これ凄く好きなんですよね♪
鴨が葱を背負って蕎麦に飛び込んでるんです(笑)

ああ、今自分にはウナギよりも蕎麦だね(爆)

蕎麦屋ってヌードルハウスって言うんだ(笑)つーか、この外人さんちゃんと蕎麦すすってる♪偉い偉い♪
109_0995.jpg

普通なら梅雨明け時期だよね。
肌寒い朝、猫たちは固まって暖を取る(笑)コニャンを囲むように固まってる。コレは愛だよね(笑)子猫を真ん中に大人たちが取り巻く…朝からとても良い光景を見せて貰いました。つーか、コニャン…苦しそうなんですけど(爆)
ピー介は何げにカメラ目線だし。なんか、猫にはもの凄く癒されます。

ウチのママンが「ハウルの動く城」を観てますガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
そんなキャラじゃないのに。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
彼女は映画と言えば百恵&友和の映画しか観ないのに…どうしたんだろう??
109_0994.jpg

納豆ごはんで朝は十分幸せなのさ♪

kikujiro.jpg

「菊次郎とさき」と言うドラマがありました。このドラマが大好きだったんですよね(笑)特に好きだったのは朝食シーン。
ご飯に納豆に味噌汁にたくあんの食卓。
毎日変わらずこのメニュー(笑)納豆ご飯食べながらみんなで納豆の糸を切る姿がとても微笑ましかったです。夕飯はご飯にコロッケに味噌汁にたくあん。
菊次郎は夜は居酒屋で冷や酒とアジフライ(笑)
毎日変わらないメニュー。

昭和30年代の東京の下町の暮らし。なんか凄く素敵な光景でした。
自分が子供の頃も似たような食卓だったな(笑)
ハレとケがハッキリしていた…何事に於いてもね。
109_0992.jpg

きつねうどんですね。
地域差があるのでしょうが、ウチの方は油揚げが入っていると「キツネ」天かすが入っていると「タヌキ」両方入ってると「ムジナ」と言います。


それよりも何よりも、あの夏が行方不明なんですよ!!。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
あの夏ってどの夏だよ!!!!!
「あの夏、いちばん静かな海」のDVDが行方不明なんですガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
無いと分かれば余計に観たくなるのが人というモノ…。


主人公は聴覚障害者。ごみ収集車のアルバイトをする茂(真木蔵人)は、ごみ集積所で偶然サーフィンボードを拾ったことをきっかけに、すっかりサーフィンに熱中していた。彼の練習する砂浜には、彼を見守る聴覚障害者のガールフレンド貴子(大島弘子)の姿があり、茂はサーフィン大会に出場するほどに上達したが…。



北野武の監督3作目の映画ですが、映画の中で殆ど台詞が無く、役者の動作と風景で構成された映画です。静かな映画です。そして胸が締め付けられる映画です。
ビートたけしの非凡さに打ちのめされた映画です(笑)
この映画でヒロインを演じた大島弘子さんはこの映画のみで引退したんですよね…台詞全くなしなのにもの凄く印象的な役者さんだった…。

また、久石譲のテーマ曲「Silent Love」がもの凄く良いんですよねぇ♪
サントラあるのにDVDが行方不明。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
109_0983.jpg


酒の肴に取っておいた~ヒジキ煮を父親が食ってしまいましたぁ~♪
畜生!!!!!

頭に来たのでサラミを丸ごとかじってますゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
あーん、ヒジキ煮が食いたかったんだよぉぉぉぉぉぉ。

ウチの弟、つまり義弟、つまり妹の旦那ですが、自分、妹が結婚してから6年…まともに会話したことが無いんです(爆)挨拶するくらい…ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
何て言う関係なのでしょうか???

関東地方では今日まで広末&竹野内主演の「できちゃった結婚」が再放送されていたのですが、あのドラマの千葉真一と竹野内豊のようなギクシャクした関係なのですよ(爆) 
普通、父親とそう言う関係になる事はあるでしょうが、嫁の兄とそう言う関係になるとはね(爆)旦那も可哀想ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

ぶっちゃけて言えば、お互い話すタイミングを見いだせないまま6年が過ぎてしまっただけの事で、わだかまりがあるワケじゃないんですよ(笑)
以前後輩に「貴方は俺に近寄るな光線を出してる」と言われた事があります。

もの凄くそう言う空気を最初の頃感じたと(笑)
でも、仲良くなったらもの凄く面倒見が良いと(自分が言ったワケじゃないよ)
そうなんです。最初はもの凄く警戒するけど、懐に入ればとても世話焼きです(爆)

義弟と自分…どちらか一方が一歩踏み込めば何でも無いことが6年も掛かって未だ出来てないのですよ(笑)

夕食時
「お兄さんビール飲みます?」と言われ「22:00過ぎないと自分飲まないから、どうぞ飲んで♪」と返し会話終了(笑)
やりずらいよね。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

22:00過ぎに「兄さんビールでも飲みますか!」って部屋に入ってきてくれれば一発解決なのにね…その時間には高いびき(爆)
まあ、この距離のままでも良いんだけどね。

自分、身内でも他人でも取る態度は同じなんだよね(爆)ある意味偉い??
俺の胸に飛び込んで来いよ!!!!受け止めるぞ!肋骨折れようが!(笑)
また意味の分からない怪文ですみません。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
kataku.jpg

1986年東映作品

煩悩に身 を焦がして不安の絶えない様子を、火災に遭った家に例えて火宅という


作家・桂一雄(緒形拳)は、先妻に先立たれ後妻としてヨリ子(いしだあゆみ)をもらう。ヨリ子は腹違いの一郎をはじめ5人の子どもを育ててきた。が、子どものひとりが日本脳炎にかかり重い障害が残ってしまうと、怪しげな宗教にすがるようになっていく。同じ頃、一雄は新劇女優の恵子(原田美枝子)の虜になり、やがて家を出て恵子と同棲を始める……。

最後の無頼派と言われた放浪の作家・壇一雄の自伝的小説の映画化。

この映画を初めて観たのは…19歳の時。
それから何回この映画を観たでしょう…見るたびに感想が変わるんです(笑)
それはね、まだガキで男と女って言うモノをよく知らなかった19歳が観るのと、ある程度経験を積んだ人間が観るのでは、この映画で描かれている男と女の愛憎関係は、感想が変わるのは至極当然と言うわけで(笑)

女性の立場からすれば、とんでもない男ですよ。
男からすれば、ちょっと憧れちゃう生き様(笑)この人は浮気なんて出来ない人なんです。好きになったら本気。
体質的に型にはまった人生が送れない性格の人だったんですよね。
何回もみて色々な感想を持った映画ですが、今観て思うのは、時々見せる父親としての優しいまなざしがグッとくるんですよね(笑)

あああああ、自分老いたなぁ~(爆)
夫としては落第でも、この人を父に持ったらもの凄く楽しかったんじゃないかと…(笑)どうでしょう??壇太郎さん??壇ふみさん??ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

何なんだ!この感想は(笑)
お勧めしたい本があります!「壇流クッキング」!!!!!
壇一雄が放浪の旅で覚えた料理の数々が綴られた本です!ココで紹介される料理がよだれもんです(爆)無骨な男が料理を語る!!凄く楽しく美味しい本ですよ♪

話変わりすぎだぞ!!!!!!。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
109_0976.jpg

鯖の味噌煮だ!!!!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
寿司はエビが一番好きだけど、その次ぎに好きなのがコハダだったりします♪
光り物大好きなのさ。

数年前の8月、仕事で神奈川県に居た自分と後輩。
一仕事終わって、後は帰るだけのリラックスした状態での昼下がりの国府津駅。
「鯵の押し寿司」とビールを購入して、ホームで乾杯(笑)
鯵の押し寿司が美味いこと美味いこと!!!!!!ビールがすすみます♪
炎天下での昼酒、美味い肴…電車が来た頃はほろ酔いを完全に通り過ぎてました(爆)座席は満席。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
デッキで爆睡ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

一瞬で東京駅に着いたとさ(笑)

目覚めた自分たちは「あの鯖寿司美味かったよね!」「スゲー美味かったです!鯖」と語り合った。
それからしばらく鯖寿司の事が時たま話題にのぼりました(笑)
真夏の昼下がりのビールと鯖寿司はもの凄く二人の心に残ったのです…もの凄く後から気づきましたが、鯖じゃなく鯵だったんですよね(爆)

心に残ってねぇじゃん!!!(爆)酔いに任せて鯵が鯖になっていた。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
tinbotsu.jpg

ネタバレはしていないつもりです…多分…。一応これから見る人はスルーかな??でも核心部分には触れてません…多分。

今日が休日だって失念してました。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
tinbotsu1.jpg

もの凄い混み方だったんですよ…半端じゃない混み具合。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
でもタカをくくってました…「どうせ、カーズとかポケモンとかMIⅢとかの客だろ」って…でも間違ってました…殆どが日本沈没の客だったんですガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

なにこれ???
客層は親子連れとカップルが多かったです。明らかに0歳児を抱えた女性もいた。
幅の広い客層を集客する映画は強いぞ(笑)
草なぎ見たさの女子もいたのだろうけど、殆どが日本が沈むと言うショッキングな映画を怖いモノ見たさで見に来たのではないか?

閑話休題。

自分、この映画には、もの凄く不安を持って居たんですね。
前作の「日本沈没」(記事はココ)が大好きだったし、原作も大好きなんだけど、漏れ伝わる今回の新作は、かなり原作を変更しているのがもの凄く気になったんですよ。

見た感想。「こういう日本沈没もありだね」(笑)
心配しすぎたのかも知れないけど、意外と良かった(感覚が麻痺してる??)
原作を変更じゃなく完全に解体して再構築した「日本沈没」です。
でも、要所要所で原作や前作の印象的な台詞とかを入れてくるんですよ(笑)
「ツバメが来ない」とか「なにもしない方が良い」とか。
ここで、その台詞を持ってくるか!!って言う楽しみでした(笑)

石坂浩二が演じた山本首相が良かったです。石坂浩二(特別出演)←この(特別出演)が公開前からもの凄く気になってたんですが、意味が分かりました(爆)
原作変えすぎ(爆)

でも、大地真央が演じた危機管理大臣がもの凄く良いです♪もっと深く描いて欲しかったな。もう、列島崩壊のシーンは凄いとしか言えないですね…。
一つ苦言を呈せば、前作は列島崩壊と言う事実を知った学者、政治家たちを中心に物語が展開していきました。

今回の映画は、為政者と庶民を両方描こうとしてどっちつかずの人間ドラマになっていると言うか両方を描き切れていない面が多々あり薄味になってしまったかなぁ~と思います。
それにしても政治家をかなり悪意を込めて描いてるよね(笑)
國村隼と加藤武は特に(笑)それだけ、石坂浩二と大地真央が引き立つと言えば引き立つのですが。

映画の台詞から分かるのですが、東京崩壊ぎりぎりまで天皇は皇居にいたんだね(笑)政治家たちが特権使ってとっとと逃げてるのに。
でも、いつでも退避できるって前提条件があるからギリギリまで東京に居たんだろうけど…庶民は…庶民は(T^T)クゥー

ココまで全く主人公たちに触れてません(笑)ダメだったワケじゃないんですけど、ああ言う最後にするならもっと描き方があったんじゃないかと??
描き方によっては、もっと胸にぐっとくる映画になったんじゃないかと…。

でも、繰り返しますが、この日本沈没は自分的にはありです(笑)
トヨエツも格好良かったです♪ピエール瀧♪何処に出てるかは映画見てね(笑)

かなり高崎でロケしているし井上工業が制作に協力してるんだからせめて、高崎の観音様崩壊シーンとか入れて欲しかったゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

20060612115004184292340000.jpg


東京駅が改装工事してます。その目的とは、1914年の竣工当時の姿に戻す工事。
東京駅の両翼の屋根はもともと、ドーム状の屋根だったのですが、第二次世界大戦で焼失し、今の形の屋根になっていますが、それを再びドーム状の屋根に戻すんです。
2011年に完成予定。66年前の姿に戻ります。

コレは良いお金の使い方ですよね。賛否ありますが。自分は賛成派です。
完成の暁には是非見にいきたいと思います。


109_0968.jpg

町内会の夏祭り2日目。夕飯に配給されたのがソースカツ丼♪
カツにはソースです(笑)
109_0961.jpg

今日のコニャン♪今日はピー太と寝てます(笑)お乳飲む以外は他の猫と居ることが多いです。遊び相手には困らないね。


109_0964.jpg

おじいちゃん(イチロー)は、お中元を枕にして寝てます(笑)眠り猫みたい。


nikko.jpg

日光東照宮の眠り猫って実物はもの凄く小さいんですよね。
伝説の彫刻職人・左甚五郎が彫ったと言われています。
東照大権現(徳川家康)の霊廟に通じる石段前に居ます。


109_0959.jpg

なんか…卵焼きがあるのに納豆に卵黄いれていた自分ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
納豆には辛子だけど、ワサビもいいですよね♪

109_0946.jpg

お昼寝するコニャン(笑)赤ちゃんはどんな仕草でも可愛いね(人´∀`).☆.。.:*・゚

109_0951.jpg

涼を求めて窓際で寝るユミちゃん♪

109_0952.jpg

テーブルに上がり扇風機の風を独り占めしるラル。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

109_0956.jpg

今日は、町内会の夏祭り…。
自分ヨーヨーにはうるさいんですよ(笑)
釣る方じゃなく、膨らませる方(爆)実は前の職場で10年近く夏祭りのヨーヨーを担当していて、仕入れから膨らますまでを一手に引き受けていたんです。

町内会の人が膨らましたヨーヨー…。ダメです職人から見れば不合格(誰が職人だよ!!)

まず、水の量が少なすぎる。調整が出来ていない。

膨らませ過ぎる。素人がやってしまうミスですコレは(笑)とにかく大きくしたと言う心理。大きければ良いというモノではありません。ホドホドが良いのです。

そして致命的欠陥が!!!誰でも簡単ヨーヨーを止められる「しばらずパッチン」を使用している事!!!職人は許せません(笑)
ゴムだけでヨーヨーを縛らなければダメです(笑)
コレじゃ、仏作って魂入れずなんですゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

コツ掴めば簡単なんだけどね。余計なお世話ですね(爆)お祭りが楽しければいいんです…でも、職人は許せない(だからお前は職人か?)
109_0940.jpg


危うく、今日の味噌汁の具をまた忘れそうになりました(笑)
インゲン美味しいね♪大好き!!!!「風林火山」ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ、信玄だよそりゃ…。
将軍って源氏の血を引いた子孫じゃないと位につけないんですよね。
武田信玄は歴とした清和源氏の血を引く名門。
豊臣秀吉が将軍にはなれなかったのは、その血統にあるんですよね。

徳川家康が将軍になれたのは…源氏の血を引く得川氏(群馬)が先祖だからと家系図を書き換えたと言うか主張したから(笑)
まあ、権力握れば何でもOK??

ウチの爺ちゃんが「ウチは家系図辿ると藤原氏に行き着くんだ!」と酔って言ってましたが説得力無し(爆)
藤原氏がバナナ食いながら日本酒飲むか???←爺ちゃん
藤原氏が夏場上半身裸で過ごすか???←婆ちゃん


夏休み、昼寝の時間…遠くで友達が呼ぶ声がします…婆ちゃんが応対に出たようです…婆ちゃん!!!ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
慌てて起きて玄関に行くと、上半身裸で友達の前に立つ婆ちゃん…。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ 友達( ゚д゚)ポカーン
「ばあちゃん、お願いだから裸で人前に出るのは止めてくれぇ!!!」
「ばあちゃんくらいになると、男でも女でもねぇんだ!!!」
と言い返されてお終い。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

WHAT'S NEW?