Category

五十六@本 1/2

読み出したら止まらない

「あかね空」読み終わりました…つーか、今日読み終わったわけじゃないのですが。なんなんだろう、読み出したら止まらなくなる小説でした。江戸の下町を舞台にした親子二代に渡る物語。京都で豆腐作りを学んだ主人公が、江戸に出てきて豆腐屋を始めるが、京と江戸の味の違い、同業者との確執等で順風満帆とはいかないながらも、真面目に愚直に商いをしてゆく、それを支える長屋の人々、そして最愛の人との出会いがあり、3人の子宝...

  •  4
  •  0

情報の泉

昔はテレビ、ラジオ、雑誌が様々な情報源だったけど、今はインターネットのお陰で膨大な情報がすぐに手に入るし、新鮮な情報やニュースがすぐにわかる。良い時代だ。現に自分は、映画関係の雑誌を1冊も買うことが無くなってしまった。買う必要がないほどネットで情報がいち早く手にはいるから…。昔は「キネマ旬報」を月2回買い、新作映画のチェックや評論家の論評、制作中映画の状況を隅々まで見て情報を得ていた。SF専門誌なん...

  •  2
  •  0

泥沼ウォーカー

泥沼ウォーカー笹野 みちる (1998/08)PARCO出版 この商品の詳細を見る自分にとって笹野みちるは、青春の象徴でした。彼女と、そして彼女の歌と共に青春時代を過ごしたから。「東京少年」の解散コンサート・渋谷公会堂行ったなぁ~。「東京少年」からソロデビューして「ささのみちる」になってからもファンとして応援してた。そして…1995年、自分がレズビアンである事をカミングアウトした彼女…。正直言ってショックでした…なっ...

  •  0
  •  0

おむらいす

オムライス 5 (5)星里 もちる (1999/12)小学館 この商品の詳細を見る今井光(いまいひかる)は、ひょんな事から、姓は同じだが全く赤の他人である今井四姉妹と同居する事になる。歯科医の長女:今井珠子(たまこ)次女で劇団の演出・脚本家:羽子(はねこ)大学生の三女:葉子(ようこ)料理が得意で、ゴミの分別が大好きな四女:緑(みどり)この一見奇妙な共同生活を中心に様々な人間模様が交差してゆく…。 いやぁ~星里もちるの...

  •  6
  •  0

ワレ奇襲ニ成功セリ

クロサワに編集権はあったのか?クロサワは本当に「総監督」だったのか?クロサワは本当にノイローゼだったのか?クロサワが描きたかった山本五十六の悲劇とは?そしてアメリカで発掘された謎解きの鍵とは?『虎、虎、虎』最後の真実がいま明かされる。 ラジオ聴いてたら「トラトラトラ」の舞台裏の本が出版された事を聞いて驚きました。黒澤明の人生で謎とされている「トラトラトラ」監督降板事件は、今まで真相が有耶無耶にされていた...

  •  0
  •  0

本屋に行くと便意をもよおすのさ。

一個人 (いっこじん) 2007年 04月号 [雑誌] (2007/02/26)ベストセラーズ この商品の詳細を見る 自遊人 2007年 03月号 [雑誌] (2007/01/26)カラット この商品の詳細を見る dancyu (ダンチュウ) 2007年 04月号 [雑誌] (2007/03/06)プレジデント社 この商品の詳細を見る↑自分の愛読雑誌(笑)最近はもっぱら立ち読みで済ませてしまいますが。dancyuは特集記事が乳製品の場合スルーしますが(爆) 歴史群像 2007年 04月号 [雑誌] (2007...

  •  4
  •  0

第211回「お気に入りの顔文字」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当です。今日のテーマは「お気に入りの顔文字」です。ブログを書くときに顔文字使いますか?顔文字一覧を作っているブログやホームページなんかも結構たくさん見かけます。ブログを読んでいても、人それぞれ使っている顔文字が異なっていて、それだけで個性がでますよね。今日のトラックバックテーマでは、あなたがお気に入りの顔文字、よく使...第211回「お気に入りの顔文字」。。゛(...

  •  0
  •  0

法医学教室の午後

法医学者である西丸興一氏のエッセイです。不思議で、奇怪で、そしてジーンとする珠玉のエッセイです。今じゃ、法医学なんてテレビドラマでも良く見られる言葉ですが、このエッセイが出版されたのは1980年代前半。そしてこのエッセイは大森一樹監督で、1985年にテレビドラマ化(2時間ドラマ)されました。自分は、このドラマを見て、小説を読んだのですが、双方文句なく傑作です。エッセイのエピソードを巧みにドラマとし...

  •  2
  •  0

オイラは日本人だ!!(笑)

自分の愛読書♪美しい国??フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!コレ読め!!(笑)つーかN●Kこれドラマ化するって言ってなかった??するんだったら本気で金掛けて、腰すえて映像化してね。コレに視聴料が使われるなら全然OKだけど、ワケのわからんK国ドラマとかを通常よりも高い金払って放送するのは変。どこの国の放送局???「坂の上の雲」映像化出来るのか?描ききる事が出来るのか?この小説を…今のN●Kが??日本人なら一度は読むべき小説...

  •  2
  •  0

夢かもしんない

「夢かもしんない」星里もちる著(小学館)コンピューター販売の営業マン・加勢春夫は会社では仲間からも、お得意様からも慕われている。しかし、仕事で家庭を犠牲にしていた。妻との間にもすきま風が流れているある日、突然幽霊が現れた。その幽霊は、加勢にこう云った「ハッピーにしてあげるからネ!」それ以降、その幽霊・「夢野すみれ」は、気ままに現れては、加勢がハッピーになるためにアレヤコレヤと世話をやくようになる。...

  •  4
  •  0